2年生右腕・吉田渉の力投で明大中野が3回戦進出決める



明大中野ナイン ※写真提供=明大中野野球部

 次第に日差しが厳しくなってきた10日の神宮球場2試合目は、明大中野正則学園が激突した。どちらも昨夏の独自大会では早期敗退を喫していたが、この試合ではそれを感じさせない戦いぶりを見せた。

 先攻を取った明大中野は、初回に一死三塁のチャンスを作ると、3番・阿保快人の打席で正則学園の先発・板橋広大がボークを取られ、明大中野は思わぬ形で先取点を奪った。ただこれでリズムを作ると、2回には8番・吉田渉のタイムリーで追加点を奪って3対0と主導権を握った。

 リードをもらった明大中野の先発は背番号18を付けた吉田。常にセットポジションから始動する吉田だが、投球フォームにはあまり力感を感じられない。しかし、後ろから見ていると、見た目以上にボールが来ている印象がある。

 吉田本人も「投げる時には肩の力を抜いてリラックスした状態から、100%の力を指先に伝えられるように意識しています」と常に脱力することを意識していた。これが見た目以上にボールが来るギャップの要因だった。まだ2年生と言うこともあり、ここからさらに成長した姿を見られることに期待したい。

 その吉田が正則学園を8回まで無失点に抑えると、9回はエース・上田時生がスコアボードに0を並べてゲームセット。明大中野が3対0で正則学園を下した。

 勝利した明大中野だが、打線は緩い変化球で突っ込み気味となり、序盤の3点に終わったことを明大中野・岡本監督は反省した。普段から「変化球を待って、詰まってもいいから振り抜いて逆方向に打つ」ことを指導して打者を鍛え上げてきた。そこは次回への課題となるが、明大中野の各打者を見ると特徴がある。

 1番・前國藤海斗は少し差し込まれても押し込んでいけるだけのパンチ力があり、3番・阿保は最後までバットを振り切れる思い切りのよさが光る。まさに明大中野の野球を体現する2人の後にいる4番には、ヒッチ打法を取り入れる加藤千晴と上位にはパワー系の打者が揃う。

 さらに下位打線には、メジャーリーガーを彷彿とさせる6番・河島泰大が座る。そこに右打者ながら、一塁駆け抜けが手動で3.6秒と快足を持つ7番・田中翔梧とバラエティーに富んだ選手が打線を形成する。次戦以降も楽しみな布陣だ。