ハイレベルな試合を制した東京実 目白研心はエース・安保がリリーフも逃げ切れず



加藤優征(東京実) ※写真は昨秋の都大会より

 これまで上位進出も多い目白研心東京実の一戦は2回戦とは思えないぐらいの熱気とレベルの高さが垣間見えたゲームだった。

 目白研心は注目左腕・安保優太郎がベンチスタート。ただ驚かせたのはスタメン選手の身長の高さだ。180センチ以上が5人もスタメンに名を連ねた。例年にはない大型チームとなっている。

 試合は1点を争う好勝負。東京実は背番号1の加藤優征はプレートの使い方を工夫し、内角へ強いボールを投げられるために、右打者には一塁側、左打者には三塁側から強烈なインステップから120キロ中盤の速球、スライダーを丁寧に投げ分けて打たせてとる投球を展開する。また打者によって間合いを変えながら投げており、点を取られにくい投球を実践していた。

 また目白研心の先発・大川時央もなかなかの好左腕だった。背番号10ではあるが、練習試合では先発・大川、中継ぎ・安保はいつも実践していて、内容もかなりよく、先発しているのも十分頷ける投手だった。

 勢いよく右足を高く上げていきながら真っ向から投げ込むストレートは常時120キロ後半〜133キロを計測し、スライダーの切れもよく、なかなかの好左腕だった。四球やエラーで走者を許すも、6回までヒット1本も許さない。

 打線は5回表、184センチの大型センター・中村颯太(2番・3年)がライトフェンス直撃の二塁打、7回表には、182センチの大型遊撃手・有田康二郎(1番・3年)が右中間を破る二塁打で2点目を入れる。

 しかし東京実は7回裏、4番十鳥真乙の安打、死球で無死一、二塁のチャンスを作る。ここで目白研心はエースの安保が登板。無死満塁までピンチを招いたが、三者連続で打者を打ち取り、無失点で切り抜ける。これには安保も目白研心ナインもガッツポーズをしながらベンチに戻る。