白熱の投手戦は都立広尾に軍配!140キロ右腕・石黒和が11奪三振完封勝利!

 厳しい日差しを感じ、いよいよ夏の大会だと言うのがわかる神宮球場では、夏の暑さに負けない白熱の投手戦が繰り広げられた。

 都立広尾都立鷺宮による都立勢の対戦だったが、4回まではスコアボードに0点が並んだ。どちらが先に均衡を崩すのか注目が集まる中、5回に都立広尾が突破口を開いた。

 6番・佐藤優作のヒットからチャンスを作ると、8番・手川真宏の犠牲フライで先制に成功する。さらにチャンスは続いて、1番・神川大地にもタイムリーが生まれて2点奪い、都立広尾が主導権を握った。

 追いかける都立鷺宮も5回に、4番・浅野龍と6番・畠山晴喜が相手のミスで出塁して一死二、三塁と同点のチャンスを作った。ここで一本を出したかったが、都立広尾の石黒和の前に抑えられて無得点に終わる。また8回には代打・本蔵悠輔のヒットなどで都立鷺宮は反撃のチャンスを作ったが、ここもあと一本が出ずに無得点で攻撃を終える。

 すると都立広尾は、9回にダメ押しの2点を追加して4対0として試合を決めた。最後は都立広尾の先発・石黒が1人で守り抜いてゲームセット。都立広尾が2対0で都立鷺宮を下して初戦を突破した。

 試合時間はわずか1時間43分というスピード感で進んだ。投手戦だったことは時間だけを見ればわかることであり、両チームのエースが素晴らしかったのがわかるが、成績からも見ればわかる。

 都立広尾の石黒は、9回投げて11奪三振、被安打2、与四死球2という成績だ。打っても4番を務める今年の大黒柱である。スラリとした体格だが、ゆったりとした始動から鋭く腰を回転させて、腕を力強く振り抜く。キレイにまとめられた投球フォームであると同時に、打者寄りでリリースされたキレのある真っすぐは非常に魅力的だ。

 元々、石黒はストレートを軸に力押しするスタイルを武器にしていたという。そのスタイルをさらに磨くべく、藤川球児さんが実践していたボールを『つぶす』感覚でリリースをするようにした。グラウンドを持っておらず、あまり投げ込みができない都立広尾の環境でも、石黒は「指先の感覚をキャッチボールの時から意識している」ことで、最速140キロを投げ込むようになるまで成長を遂げた。

 そんな石黒が指先の感覚を研ぎ澄まして磨いた武器は真っすぐだけではない。ストレートとともに都立鷺宮打線を惑わせたのは変化球、特にカットボールが有効だったのではないかと考えられる。

 ストレートに近い球速からカットボールは鋭く変化していた。これがストレートと見分けがつかず、空振りをする打者が多かった。加えてカットボールであれば、ストライクゾーンで勝負できる分、カウントもしっかりと稼げていた。