二松学舎大附 2回に11安打11点の猛攻で、大森学園を破り準決勝進出



2回の第二打席で2ランを放った6番・丸山丈司(二松学舎大附)

 これまでの実績では二松学舎大附大森学園を圧倒しているが、昨夏の独自大会では二松学舎大附が5-6で敗れている。両校の対戦は、それ以来となる。

 勢いのある大森学園は、1回表に二松学舎大附の先発、背番号11の左腕・布施 東海を攻める。1番・松本哲郎のレフトフェンス直撃の三塁打に始まり、3番・山﨑祥貴の四球、4番・矢吹北斗の左前安打で松本が生還。
続く5番・半田夢叶の四球で満塁となり、6番・加藤祐樹の左前安打で2人が還り、大森学園はこの回、3点を入れる。

 昨夏の敗戦があるものの、二松学舎大附は慌てなかった。「布施が先発なら、ある程度の失点は覚悟しないといけません」と、二松学舎大附のベテラン・市原勝人監督は言う。そして、一瞬のスキを一気について、勝負を決めた。

 大森学園の先発はエースの八田成。球速はさほどないものの、安定した制球力で打たせて取る投球でここまで抑えてきた。しかし2回裏、二松学舎大附の4番・関 遼輔の二塁打の後、5番・櫻井 虎太郎の三ゴロを大森学園の三塁手・島田颯大がダイブして好捕して一死になったところまでは、流れは大森学園にあった。ところが、続く6番・丸山丈司が打ち上げたフライは、上空の強風によってフラフラと揺れて、投手の後方、ちょうど投手、二塁手、遊撃手の間に、ポトンと落ちる安打になった。この安打をきっかけに、完全に二松学舎大附のペースになった。7番・浅野 雄志、8番・鎌田 直樹の連続二塁打に、9番・布施の左飛を左翼手が落球。この後二松学舎大附は5人が立て続けに安打を放ち、さらに流れを作るきっかけのフライ安打を打ったラッキーボーイ的な存在である6番・丸山が、今度はライトに2ラン本塁打を放ち、二松学舎大附はこの回一気に11点を入れた。

 なおこの回の途中に大森学園は八田に代えて捕手の松本が登板している。松本は2回裏こそ打たれたものの、3回、4回は三者凡退で締める。

 すると大森学園は5回表に2四球と5番・半田の二塁打も含めた安打2本で3点を返す。ここで二松学舎大附は布施に代えて、エースの秋山正雲をマウンドに送った。

 6回表大森学園は、主将であり、リリーフ投手もこなす捕手であり、1番打者でもあるチームの柱・松本が、秋山の143キロの速球をレフトスタンドに叩き込んだ。「インコースの真っ直ぐです。主将としてチームに火をつけられたらと思いました」と松本が言う、魂のこもった本塁打であった。

 11-7と大森学園の追撃が始まったが、6回裏二松学舎大附は浅野の二塁打などで2点を追加。7回裏は、エラーが2つ続いた後の四球で無死満塁となり、3番・瀬谷 大夢の中前安打で1点を追加。7回コールドが成立した。

 大森学園にとっては、2回の守りが致命傷であった。「流されてしまいがちで、こういった展開で止めることが課題です」と、大森学園の石黒隼監督は語る。それでも、準々決勝はコールドで敗れたものの、この夏は、準優勝した1976年以来のシード校になった。当時の校名は大森工で、大森学園になってからは、初のシード校になっている。大森学園は昨夏の準決勝進出に続き、しっかりと存在感を示しつつある。

 勝った二松学舎大附は秋に続き準決勝で日大三と対戦する。「秋山が三高を抑えてくれるかどうかです」と市原監督。大森学園には昨夏のリベンジを果たした二松学舎大附が、今度は日大三に秋のリベンジを果たすことができるか注目の試合である。

(記事:大島 裕史)