星のライト前二塁打で勝ち越した日大三、明大中野八王子を破り準決勝進出



3安打2打点の活躍を見せた星 憂芽(日大三)

 準々決勝の2日目。前日の雨も上がり、青空が広がる好天になったが、上空には強い風が吹いており、この日行われた3試合とも、その影響を受けてやや荒れた試合になった。

 日大三は背番号10の岡村 海琉明大中野八王子はエースの井上 仁と、ともに左腕投手が先発した。
 1回表日大三の先発・岡村は、2四球でピンチを招いたが、明大中野八王子の4番・築地 星流のセンターライナーを、日大三の中堅手・星 憂芽が好捕。素早く一塁に送球して併殺になった。それでも、最初に試合の流れをつかんだのは明大中野八王子だった。

 3回表明大中野八王子の8番・松本 澪音の平凡な右飛を、日大三の右翼手・井坪 朝陽が落球。松本は二塁に進んだ。松本は9番・四方 悠介の犠打で三塁に進むと、日大三は投手をエースの宇山 翼に代えた。岡村は被安打0での降板となったが、「岡村は、5回くらいまで投げてほしかったです。でも初回にフォアボールでランナーを溜めましたから」と日大三の小倉全由監督が言うように、制球が定まらないがゆえの早めの交代になった。

 しかし宇山は1番・須江 陽海に三塁打、2番・福本真士に二塁打を打たれ、2点を失う。いずれも名手である中堅手の星なら捕球できる打球であったが、打球が風に流されたこともあり、長打になった。福本も4番・築地の中犠飛で生還し明大中野八王子はこの回、3点を入れた。

 日大三のような強豪に勝つには、リードした後の回が重要になるが、そこは日大三、3回裏すぐに追いつく。まず中前安打の安田 和輝を1番・星の中前安打で還し、さらに2番・齋藤 広空の二塁打に、3番・富塚 隼介の左前安打と続き、あっさり同点に追いついた。

 攻撃の手を緩めない日大三は4回裏二死後、8番・安田の四球、9番・宇山の左前安打で一、二塁とし、1番・星のライトへの安打で1点を入れて日大三は勝ち越した。なお、星の打球は、普通の右前安打と思われたが、星は一気に二塁を陥れ、二塁打にした。「ライトがゴロを捕球する動きがゆったりしていたので行けると思いました」と、星は語る。一瞬のスキを逃さないのが、日大三の強さだ。

 日大三は7回裏には二死二、三塁から、途中出場の5番・土屋マックス清文の右中間を破る三塁打で2点を追加し、試合を決めた。
 明大中野八王子の井上は、「5回くらいから疲れが出ました」と言うように、いつものキレはなかったものの、粘り強く投げて接戦に持ち込んだが、土屋の三塁打でとどめを刺された。

 日大三は勝負どころでしっかり点を取る強さをみせた。それでも明大中野八王子は、国士舘日大二都立日野と、西東京の強豪を相次いで破り、準々決勝まで進んだ。「負けて悔しい思いはありますが、ここまでやらせてもらって、伸びしろがあることも分かりました」と椙原貴文監督も言うように、明大中野八王子は、夏に向けての成長が楽しみなチームである。

 一方に日大三は秋に続いての準決勝進出。宇山の調子が今一つの感じはあるものの、試合巧者ぶりを発揮しての戦いぶりは、見た目以上の強さを感じる。

(記事:大島 裕史)