関東一準決勝進出!國學院久我山守備で自滅 内山の3試合連続弾も届かず



3回を打者9人1安打無失点と好投した関東一の先発・小宮山力

 ともに2年前の夏は甲子園大会に出場した両校。関東一市川 祐初谷 健心が、國學院久我山内山 凜が1年生ながら甲子園を経験している。

 この試合、安打数はともに7本と変わらないが、失策は関東一が1であるのに対し、國學院久我山は6。この違いがそのまま結果となって表れた。

 関東一は、秋はベンチにも入っていなかった背番号20の小宮山力が先発した。「練習試合ではよく抑えていたので、短いイニングならいけると思い起用しました」と関東一の米澤貴光監督は語る。

 小宮山は、球速はさほど出ないものの、変化球を駆使して3イニングを無失点に抑え、米澤監督の期待に応えた。
 対する國學院久我山は、不動のエース・高橋 風太が先発した。関東一は2回表、二塁打の5番・津原 璃羽を犠打と犠飛で還すという効率のよい攻めで先制する。試合が大きく動いたのは、4回表だった。一死後、5番・津原が二塁手のエラーで出塁。6番・石見 陸は併殺コースの遊ゴロだったが、二塁への送球で落球。さらに7番・鎌倉 滉太のバントを投手の高橋が素早く処理して三塁に送球したが、これを三塁手が落球。本来チェンジになっているはずが、一死満塁のピンチになった。続く8番・五十嵐奬斗は死球で押し出し。9番・小宮山への代打・片山 嘉月の内野安打で1点追加し、1番・染谷真之介の左前安打でさらに2点を追加した。

 守備が乱れての失点だけに、普通のチームならそのままずるずると失点を重ねるところであるが、國學院久我山の高橋はここから踏ん張り、反撃の機会を待つ。

 そして6回裏、國學院久我山は反撃に出る。二塁打で出塁した1番・齋藤 誠賢を3番・田村 優樹が中前安打で還した。さらに4回裏から登板している成井 颯が2人に四球を与え、一死満塁。ここで一発出れば、形勢は一挙に逆転する。打席には6番打者ながら、ここ2試合続けて本塁打を放っている内山が入る。この試合では2打席とも三振に終わっているが、このチャンスでは三塁線に強い打球。抜けたかと思った瞬間、三塁手の初谷 健心が反応して、三塁ベースを自ら踏んだ後、一塁へ送球してこれもアウト。併殺プレーが成立し、國學院久我山の追撃を許さない。「(打球が)来るとは思っていましたが、捕れたのはラッキーでした」と初谷。初谷は、秋は遊撃手であったが、米澤監督は投手で起用することも考慮して三塁手になっている。本人は遊撃手の方が好きなようであるが、三塁手として難しいライン際の打球への反応が素晴らしかった。



9回裏、3試合連続となる2ラン本塁打を放った6番・内山 凜(國學院久我山)

 ピンチを切り抜けた関東一は、8回表にも失策絡みで1点を追加する。
 守りの方では7回裏からエースの市川 祐が登板した。しかし市川は故障防止のため、フォームを直していることもあり、調子は今一つ。9回裏國學院久我山は一死一塁で打席には6番・内山が立つ。投手の市川も、打者の内山も、ともに1年生の夏に甲子園を経験している。「来た球を振り抜くことを意識しました」という内山の打球は、ライトスタンドに入る3試合連続の本塁打となった。

 内山は練習試合も含め高校通算の本塁打は6本。そのうち3本がこの大会で出たことになる。「冬場に筋力の強化と、フルスイングをしてしっかりとらえることを意識して練習しました」と内山。その成果が出た一発だった。ただ國學院久我山の反撃もここまで。6-3で関東一が勝ち準決勝に進出した。

 失策を重ねての敗戦に國學院久我山の尾崎直輝監督は、「守りの良さが売りでしたが、守備のうまい子がポロっとやってしまいました。ただエラーと、打てないということは、野球ではつきものです。その中でどう戦っていくかです」と語る。それでも力のあるチームあることは確かなので、夏に向けて「全力でかんばります」と尾崎監督は語った。

 これで4強が出揃った。東海大菅生関東一二松学舎大附日大三という顔ぶれも対戦カードも昨秋と同じになった。「秋は自分たちの野球ができなかったので、まず自分たちの野球をすることです」と米澤監督。戦力が充実した両チームの対戦だけに、高いレベルの好試合を期待したい。

(記事:大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。