八王子 星野、羽田のノーヒットリレーの6回コールドで専大附を圧倒



八王子・羽田慎之介

 専修大附のエース、横手投げの櫻井誠大に対し、八王子は7人の左打者を並べた。櫻井はインコースを積極的に攻めて、1回、2回を無失点に抑える。「外を丁寧に攻めてくるというイメージと違って、差し込まれました」と八王子の安藤徳明監督は語る。

 ところが打順が一巡すると、八王子打線も対応してきた。3回表は一死後、1番・安藤宏ノ輔、2番・安藤健の連続安打に4番・落合 俊介は死球で満塁。5番に入った先発投手の星野 翔太の内野安打でまず1点。続く6番・北澤 友基の死球で押し出しに続き、7番・手島英雄の中前安打で2人が還り、この回八王子は4点を入れた。

 八王子の先発・星野 翔太は、2年生で今後が楽しみな好投手。スライダーなどの変化球もさることながら、秋よりも球威が増し、2回を三者三振に抑えるなど、専修大附打線を苦しめる。四球の走者は4人出したものの、安打は1本も許さない。

 専修大附の櫻井は、3回に4点取られた後は、4回、5回をしっかり抑える。しかし6回表に二死から9番・山口 真佑に左中間を破る二塁打を打たれると、安藤宏の左前安打、安藤健の死球で満塁となり、3番・新田 優樹にも四球で押し出し。ここで櫻井に代わり主将でもある亀囿拓海を投入したが、3連打を浴びて、この回八王子が6点を入れた。

 10-0。その裏の専修大附を無失点に抑えればコールドが成立する。しかも八王子は星野が専修大附をノーヒットに抑えている。星野がそのままマウンドに上がると思われたが、ここで身長190センチ、プロ注目の左腕・羽田 慎之介が登板した。羽田は安藤監督から8回、9回の登板はあると聞いていたが、試合の展開により急遽登板となった。「(星野は)ヒットも打たれていませんでしたが、1イニングだけでも、公式戦から離れさせない」と考えた安藤監督は、羽田をマウンドに送った。

 羽田の投球は圧倒的。最速149キロを記録する速球に専修大附は四球の走者を1人出すのがやっと。結局羽田からも安打を打つことができず、星野、羽田の2人の投手で、専修大附を無安打に抑えた。

 八王子には完敗となったが、桜美林を破り夏の高大会のシード校にもなった。コロナの影響で3カ月ほどチームとしては、全く練習ができない日が続いた。「志が高ければ、自分でやる」と考える岩渕一隆監督は、その間の練習は、選手の自主性に任せた。そうした岩渕監督の信頼にこたえ、選手たちはチームとしての練習が可能になった時には、よりたくましくなって戻ってきた。秋はタイブレークで共栄学園に敗れた悔しさをバネに、各自がトレーニングを積んで結果を残したことに、手応えを感じる春の戦いであった。

 一方勝った八王子は準々決勝で東海大菅生と対戦する。甲子園を目指すには必ず倒さなければならない相手だ。「いい思いをさせるわけにもいかないし、無理もさせられない」と語る安藤監督。次の東海大菅生戦で羽田をどう使うかも含め、夏をにらんだ、安藤監督の采配が注目される。

(記事:大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。