染谷の初球先頭打者本塁打の関東一 強打と足で日本学園を圧倒



関東一・染谷真ノ介初球を先頭打者本塁打

 帝京岩倉と東東京の強豪を下して3回戦に進出した日本学園は、関東一との対戦においても、左腕のエース・浅井颯斗を先発させた。対する関東一は、エースの市川 祐が先発した。
「調子が良くなかった」という市川は、1回表2人の走者を出したが、得点は与えなかった。

 その裏の関東一の攻撃。思い切りの良さを米澤貴光監督に評価されて1番に起用された染谷 真ノ介は、その期待通り、初球をたたき、レフト柵越えの本塁打を放った。初球の先頭打者本塁打だ。
 日本学園の浅井は、秋季都大会の日大二戦でも、杉山大和に先頭打者本塁打を打たれている。「疲れはありました」という浅井だが、「秋はあそこで崩れた。落ち込んだらいい試合はできない」と気を取り直し、1回裏は染谷の本塁打による1点に抑えた。

 しかし、関東一の足の速さが日本学園の守備の落ち着きを奪い、2回裏は、2人続けて失策で出塁した走者が犠打で二、三塁に進み、9番・五十嵐奬斗の右前安打で2人が生還した。さらに五十嵐のディレードスチールに暴投があり、五十嵐も生還した。続けて左前安打の染谷が、3番・初谷 健心の二塁打で還り、この回、守備の乱れと、初谷の長打で4点が入った。
 こうなると関東一のペースで、日本学園打線も市川にテンポよく打ち取られる。

 5回裏も二塁打の初谷を5番に入っている市川が中前安打で還し1点を追加。

 6回表日本学園は3番・木村佳暉の内野安打に失策も絡んで1点を入れたものの、反撃もここまで。

 6回裏から日本学園は浅井に代えて山田将大を投入。関東一は6回裏に1点を挙げると、7回裏は安打2本と死球で満塁となり、8番・石見 陸のセンターオーバーの打球でさらに1点を追加して8-1。7回コールドが成立した。

 エラーがきっかけで失点を重ねただけに、日本学園の高橋裕輔監督は、「こういう試合にはしたくなかったです」と語る。しかし、先頭打者本塁打を打たれて試合にならなかった秋と違い、同じような先頭打者本塁打や失策があっても、大きく崩れなかったのは、前進でもある。帝京戦の勝利や、岩倉とのタイブレークの激戦を制し、関東一の高いレベルも経験した。日本学園には収穫の多い、春の戦いであった。

 勝った関東一は準々決勝で國學院久我山と対戦する。実は2年前も関東一は準々決勝で國學院久我山と対戦し、延長戦の接戦を制している。そして、この両校は、夏は東西東京の代表として甲子園大会に出場している。果たして今年はどういう試合になるか。好ゲームを期待したい。

(記事:大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。