内山凜が値千金の2ラン 國學院久我山が試合後半の投手戦制しベスト8



本塁打を放った内山凜(國學院久我山)

 11日にダイワハウススタジアム八王子で行われた、春季東京都大会3回戦。第2試合では國學院久我山創価が対戦し、試合は序盤から点を取り合う展開となった。

 まずは1回裏、4番・高沢 春佑のスリーベースで創価が先制点を挙げると、直後の2回表に國學院久我山は6番・内山凜がツーランホームランを放ちすぐさま逆転。その後3回にもお互い1点ずつを取り合うなど、序盤から目まぐるしい展開となった。

 だが、以外にもその後は両投手が本来の投球を取り戻し、試合は膠着状態となった。
 國學院久我山の先発・高橋 風太はコーナーへの制球力に秀でた右腕で、ゲームメイク能力の高さを感じさせる投手。中盤以降は見事な投球を見せ、創価打線に付け入る隙をほとんど与えなかった。

 対する創価の先発・杉江敏輝も、チームのエースと呼ぶに相応しい投球を見せた。
 序盤は本塁打を浴びるなど変化球が高めに浮いていたが、回を追うごとに低めへの制球力が増していく。また直球もスピン量の多さを感じさせるもので、5回以降は15個のアウトのうち8つがフライアウトであった。

 両エースの好投で勝負は中盤、後半の攻防とも思われた試合は、3対2と國學院久我山が1点リードのまま膠着。高橋はプレッシャーに負けることなく最後まで投げ抜き、1点差を守り切った。國學院久我山が接戦をモノにし、準々決勝進出を決めた。

 試合後、國學院久我山の尾崎直輝監督は、「内山は、日頃から地道に練習に取り組む真面目な選手です。僕も嬉しいです」と語り、会心の本塁打を放った内山を手放しで褒めた。
 またチームの状態についても「いつでも久我山の野球で戦うぞという、彼らの姿勢が出ている」と話すなど、士気の高さを感じさせる。次戦は関東一との対戦となるが、どんな戦いを見せるのか注目だ。

 一方、敗れた創価は、片桐監督が「杉江は丹念に我慢強く投げてくれた」と話すように、チームとしても粘り強さを感じさせたが、相手投手の高橋を打ち崩すことが出来なかった。昨年のような大型チームでは無いが、芯の強さを感じさせるだけに、夏までにどこまで成長を見せるか注目だ。

(記事:栗崎 祐太朗)