2年生右腕・鈴木泰成が7安打1失点の好投!東海大菅生が都立小山台下しベスト8進出



好投を見せた先発の鈴木泰成(東海大菅生)

 11日、春季東京都大会3回戦がダイワハウススタジアム八王子で行われ、第1試合では選抜甲子園出場の東海大菅生都立小山台が対戦。試合は序盤から東海大菅生のペースとなった。

 まずは初回、無死二塁から2番・小山 凌暉のタイムリーで早々に先制点を挙げると、さらに都立小山台に守備の乱れが続き追加点。その後も一死満塁から8番・福原 聖矢の遊ゴロの間に1点を追加した東海大菅生は、初回だけで4得点を奪い早くも試合の主導権を握った。

 投げては、選抜甲子園で躍動した背番号11の鈴木泰成が伸びのある直球を軸に素晴らしい投球を見せる。「高めがいつもより伸びていて、良い状態だった」と語るように、直球で押していくピッチングが目立ち、序盤から都立小山台打線を封じ込めた。

 一方、劣勢に立たされた都立小山台
 エース・小暮瞬哉の状態が万全で無かったため、背番号11の松川侑聖が先発マウンドに立ったが、試合を作れずに後手を踏むことになった。
 2回からはエースの小暮がマウンドに上がり、何とか反撃の糸口を掴もうとするが、攻守共に隙のない東海大菅生の前に点差を詰めることが出来ない。

 初回以降は試合は膠着状態となったが、後半に入ると徐々に再び流れは東海大菅生に傾いていく。
 6回裏、二死三塁から4番・堀町 沖永のタイムリーツーベースで追加点を挙げると、7回裏にも3番・千田 光一郎のタイムリーでさらに追加点。
 都立小山台も8回表に2番・西田宗弥のタイムリーで1点を返すが、東海大菅生は8回裏にも追加点を挙げてこれで決着。東海大菅生が7対1で都立小山台を下し、準々決勝進出を決めた。

 試合後、東海大菅生の若林弘泰監督は「鈴木 泰成には完封しろと言っていました。これから9回を投げる体力、気持ちの体力をつけてくれれば」と語り、好投した2年生右腕に更なる奮起を促した。

 一方、敗れた都立小山台。福島正信監督は、ミスにより相手に献上した初回の4失点を悔いた。
 「エラーにパスボールといっぱいミスがでました。これだけミスが出ると勝てません。木暮は良く投げたので、まずは夏のシードを取ったと(前向きに)考えたいです」

 勝った東海大菅生は、準々決勝ではここまで3試合全てでコールド勝ちを収めている八王子と対戦する。大型左腕・羽田慎之介との対戦も含め、どんな戦いを見せるのか注目だ。

(記事:栗崎 祐太朗)