二松学舎大附 タイブレークの激戦を制し8強へ!佼成学園 前野力尽きる



勝った二松学舎大附

 秋季都大会の3回戦で対戦した両校であるが、この時は、佼成学園の主戦投手である前野唯斗が故障で登板できず、二松学舎大附が12-0、5回コールドの圧勝だった。この春、前野は復帰したものの、まだ無理はさせられない。その一方で、エース格に成長した小林 春葵が好投したことで、試合は接戦になった。

 二松学舎大附の先発は、背番号11の左腕・布施 東海。雰囲気はエースの秋山 正雲に似ているが、秋山より、変化球を駆使して緩急をつけている。

 佼成学園は布施の立ち上がりに単打を重ねて1回、2回に1点ずつ取る。すると二松学舎大附は3回表に3番・瀬谷 大夢の右前適時打などで2点を入れて同点に追いつく。それでも、佼成学園の小林は踏ん張ったが、5回表に二松学舎大附の1番・永見恵多の二塁打、2番・親富祖凪人に死球となったところで、佼成学園は背番号11ながら、本来はエースである前野を投入した。前野は走者を三塁に進めた後、ワイルドピッチで1点を失ったものの、6回表は三者三振に抑えるなど、さすがの投球をする。

 二松学舎大附は7回裏からエースの秋山正雲が登板。秋山は秋よりもさらに球威が増し、この回を三者三振に抑えた。

 本来のエース同士による力のこもった投手戦になると思ったが、試合は打ち合いの展開になる。

 8回表二松学舎大附は二死から2人の走者が出て、6番・丸山丈司がライト線に三塁打を放ち、2点を追加した。その裏佼成学園は8番・前野の二塁打など下位打線が3本の安打を連ね2点を返す。

 「秋山によくあるパターン。点数が入ると、抜くことがある」と二松学舎大附の市原勝人監督は言う。秋山はギアの上げ下げが割とはっきり分かる。この回さらに二死一、二塁のピンチが続いたが、「ギアを上げれば三振を取れる」と語る秋山は、佼成学園の1番、2番を続けて三振に仕留めた。

 9回裏、佼成学園はこの回先頭の3番・市瀬和生が、秋山の速球を振り切って、レフトオーバーフェンスの同点本塁打を放ち、同点に追いついた。
 試合はそのまま、延長タイブレークに突入した。

 延長10回表、二松学舎大附は2番・親富祖から始まる好打順であったが、あっさり二死。4番・関遼輔の死球の後、5番・櫻井虎太郎、6番・丸山が連続二塁打を放ち、この回5点を入れた。負傷から復帰したばかりの前野は、「5イニングを投げるのは初めて」と語るように、疲労がはっきり出ていた。

 その裏佼成学園は1点を入れたが、二松学舎大附が逃げ切った。それでも佼成学園の藤田直毅監督は、前野の復帰に加え、「小林はよく投げた。(本塁打の)一瀬も、あの一発が魅力。自信になったのではないか」と語り、収穫の多い試合だった。

 一方、勝った二松学舎大附は、秋山の点の取られ方などに課題が出た試合であったが、「それぞれ課題を抱えています。練習試合だと真剣に受け取れないけれども、これが大会の怖さです」と、市原監督は語る。春季大会の段階では、課題をみつけることも、大きな収穫である。準々決勝の相手は大森学園。昨夏の独自大会でも東東京大会の準々決勝で対戦し、この時は敗れている。それだけに負けられない一戦である。

(記事:大島 裕史)