明大中野八王子が4点差逆転で8強入り!都立日野は流れを変えたバント処理のミス悔やむ



好投を見せた井上仁(明大中野八王子)

 春季東京都大会3回戦・ダイワハウススタジアム八王子での第2試合は、明大中野八王子都立日野が対戦。試合は一つのミスが大量得点へと繋がり、明大中野八王子が準々決勝進出を決めた。

 試合の前半は都立日野が押していた。
 まずは初回、二死一、二塁から5番・島 叡司のライト前タイムリーで都立日野が先制点を挙げると、3回にも4番・長町 真生のタイムリーで追加点。4回にも、9番・小山 雄大、1番・樋口 恵斗の連続タイムリーが飛び出した都立日野は、前半だけで4対0とリードを奪った。

 だが、後半に入った直後の6回表、試合の流れは急変する。
 明大中野八王子は先頭の須江陽海が四球で出塁すると、2番の福本が犠打を試みる。打球は三塁方向へ転がったが、投手の木下 孔晴が強引に処理にいきこれがセーフ。
 相手のミスからチャンスを掴んだ明大中野八王子は、その後無死満塁とし4番・築地 星流の左犠飛で1点を返すと、さらに5番・三部 大智から3者連続タイムリーで一気に同点に追いつく。さらに8番・松本 澪音のスクイズで逆転に成功した明大中野八王子は、7回にも相手のミスから1点を追加し、試合をひっくり返した。

 投げては、4回途中からマウンドに登った左腕の井上 仁が粘りの好投を見せる。
 出所の見づらいフォームから130キロ中盤の直球を投げ込み、また変化球も低めに丁寧に集め、奪われかけた主導権を引き戻す。「調子は良くなかったが、気持ちだけで投げた」と語る熱投で、6イニングを5安打無失点に抑えた。

 試合はそのまま6対4で明大中野八王子が勝利。逆転勝ちでベスト8進出を決めた。
 明大中野八王子の椙原貴文監督は「最初は(都立日野の)木下君の投球に面食らいましたが、守りのミスがなく、よく耐えてくれました」と語り、粘り強い戦いを見せた選手たちを称えた。次戦は秋季大会準優勝の日大三との対戦となるが、「ウチらしい戦いが出来れば」と自分たちの野球を貫くことを強調する。どんな戦いを見せるか注目だ。

 一方、敗れた都立日野
 エースの木下は、ビッグイニングのきっかけとなった6回のバント処理を涙ながらに悔いた。
 「周りが見えなく、独りよがりなプレーをしてしました。もっとチームメイトを信頼して、周りからの信頼も掴んでいきたいです」

 木下は試合前半、130キロ後半の伸びのある直球で、明大中野八王子打線を完全に封じ込めていた。都内の屈指の好投手だけに、夏の奮起に期待したい。

(記事:栗崎 祐太朗)