日大三、打線が奮わずも宇山の好投でベスト8へ!日大鶴ヶ丘は粘り及ばず



好投を見せた先発の宇山翼(日大三)

 「バッターが全然ダメでした。6回以降は淡泊になってしまいました」

 「日大対決」となった春季東京都大会3回戦。試合は、日大三日大鶴ヶ丘に4対2で勝利し準決勝進出を決めたが、試合後の小倉全由監督の口調は厳しかった。

 3回裏、無死一、三塁から9番・宇山 翼の中犠飛で先制点を挙げ、その後相手のミスなどで3点を先制した日大三。5回にも1点を追加して、4対1と試合を優位に進めていたが、後半に入るとヒットが1本も出なかったことに小倉監督は危機感を感じたのだ。

 7回表に1点を返されるも、結果的に先発の宇山が踏ん張り4対2で逃げ切った日大三。エースの粘り強い投球は次戦にも期待を持たせるものだったが、打線に関しては大きな課題となった。
 「4点目を取ってからは、このまま行けるかなと思ったんですけどね。詰まっても良いくらいの気持ちで引きつけて欲しかったのですが、待ち切れていませんでした」(小倉監督)

 次戦は好左腕・井上仁を擁する明大中野八王子との対戦する。打線の奮起に期待だ。

 一方敗れた日大鶴ヶ丘。試合は惜しくも敗れたが、萩生田博美監督に悲壮感は無かった。
 「この大会で成長したところと課題がわかりました。成長したところは投打の軸が出来たことです。投手では山本 輝大が一本立ちしてくれて、今日投げた河野集も試合を作れるようになりました。打つ方でも黒須真太郎、木村 颯介と軸となり、チームとしても色んな選手を経験させることができました」

 日大鶴ヶ丘は今大会で初めてベンチ入りを果たし、公式戦初出場を果たした選手も多くいた。この経験を夏に繋げることが出来るか注目だ。

(記事:栗崎 祐太朗)