課題だったチャンスでの1本からリズム作った専修大附がシード確保!



雄叫びを上げる専修大附・角囿拓海

 専修大附桜美林の一戦は、最後までもつれる一戦の末に専修大附が桜美林を下した。

 先に試合を動かしたのは桜美林。初回、先頭の岩渕 翔のヒットでチャンスを作ると、4番・羽田 翔世のタイムリーで桜美林が先取点を奪う。すると勢いに乗った桜美林は3回に5番・平山 直にもタイムリーが飛び出し、2対0と専修大附を引き離す。

 ただ専修大附も黙っていなく、6回に二死から3番・佐藤 翼の四球から満塁まで作ると、6番・星川 未来のタイムリーで2対1。さらに押し出しもあり、2対2と試合は振り出しに。

 その後、桜美林が1点を追加したが、7回にも2番・嘉山健斗にタイムリーが生まれるなど5対3と専修大附が勝ち越しに成功。9回にもダメ押しとなる1点を加えた専修大附と、桜美林に1点を返されたが6対4で桜美林を下してベスト16進出を決めた。

 初戦の東京実戦でも一挙6得点の集中打で試合をひっくり返す試合を見せたが、今年の専修大附は勢いづくと止められないのが強みとなっている。この勢いについて工藤に話を聞いた。
 「昨秋は残塁が多かったので、チャンスで打てるように練習から細かい状況を考えて練習するようにしました。あとは今大会は自分たちらしい明るい雰囲気を出していこうと話し合っていたので、その辺りがしっかり出せたと思います」