接戦制した岩倉、敗れた実践学園ともに逸材が活躍見せる!



3番セカンド・高畠雅裕(岩倉)

 駒澤球場の第3試合は岩倉vs実践学園の一戦。第1試合は都立小山台、第2試合は帝京といった注目校が登場したが、一番のゲーム内容だった。とにかくく選手がそろっている。

 結果としては岩倉が3対2で逆転勝利したが、敗れた実践学園も、ノーシードに回った帝京国士舘早稲田実業に負けていない戦力だといえる。

 まずは岩倉から紹介していきたい。6回まで2失点の力投を見せた背番号1の古坂 虎汰朗(3年)。180センチ76キロと恵まれた体格。上半身の力が強すぎて、フォームのバランスもはまらず、外野手でプレーしていたが、ようやくバランスがととのったことで、投手を務めるようになった。

 左腕のグラブを高々を掲げ、真っ向から振り下ろす投球フォーム。非常に癖のあるフォームで、体のバランスが整わないと故障のリスクが高まりやすい投手であることはよくわかる。

 常時130キロから136キロ程度の直球、110キロ前半のスライダー、120キロ近いフォーク。このフォークが良く決まり、強打者ぞろいの実践学園打線を打ち取ることができていた。コントロールはまだばらけているが、将来的には140キロ以上の速球を投げる可能性を持っている。

 7回裏からマウンドに登ったのはセカンドの高畠 雅裕。174センチ73キロ。一見、細身のように見えるが、筋肉質の体型をした選手で、野球センス、身体能力ともにチームトップクラス。打者としてはインサイドアウトのスイングで振りぬく打撃が見事。

 投げては120キロ後半から132キロの直球、スライダーを器用に投げ分ける。セカンドの守備も機敏で、野球関係者も注目する選手になるのではないか。

 また代打中心だが、久保田 真梧は180センチ115キロと当時の渡部 健人(埼玉西武 日本ウェルネス出身)を思い出す右打者。9回表に起死回生の同点適時打を放った。打席に入った時の集中力が素晴らしく、チームでは一番の本塁打を放っている。

 本来はレギュラーなのだが、自粛期間があった影響で、体の切れを取り戻している最中。しっかりと調整ができれば、スタメン出場も十分できる選手だ。何より常に笑顔でキャラクター性は抜群。いずれ人気になる選手となるだろう。