日大豊山、7番打者・狩野の満塁弾で都立東大和を破る



満塁本塁打の日大豊山・狩野光晴

 都立東大和は秋季都大会の1回戦で、日大鶴ヶ丘に敗れはしたものの、エース・川島慶土が被安打4、失点1の好投をした。対する日大豊山は、複数の好投手を擁する。秋は好リリーフをした森燿太朗は体育の授業で負傷したものの、秋は故障で本来の投球ができなかった足立丈が復帰。投手陣は充実している。

 好投手を擁するチームの対戦だけに前半は点が入らない展開になった。特に日大豊山のエース・荒木 慈安はスライダーなどを駆使して6回までに奪三振11を記録する。

 都立東大和のエース・川島は走者を出しつつも、チェンジアップなどでタイミングを外して前半はホームを踏ませない。しかし、「4回くらいから疲れが出始めた」という川島は、6回表に当然崩れる。この回、日大豊山の2番・米田 暁充が内野安打で出塁すると犠打と、川島の牽制が暴投になるなどして三塁に進む。さらに2つの四球で二死満塁となり、打席には7番の狩野 光晴が入る。狩野は7番打者ながら、前の打席で二塁打、中前安打と当たっている。3ボール2ストライクからの6球目、捕手は直球勝負を選択したが、「チェンジアップで逃げてしまいました」と川島が語る勝負球は高く浮き、狩野が捉える。一瞬右飛かと思ったが、打球が意外と伸びてオーバーフェンス。勝負を一気に決める満塁本塁打になった。「ライトが動いていないので、入ったと思いました。ホームランは練習試合を含めても、初めてです」と狩野は語る。

 4点のリードで気持ちがやや緩んだのか、日大豊山の荒木は6回裏二死一、二塁から都立東大和の6番・川原光太に三塁打を打たれ2点を返され、この回で降板。

 それでも最初から継投をするつもりでいた日大豊山の福島直也監督は、7回からは2番手に左腕の玉井皓一郎を投入。8回表に玉井の中前安打で1点を追加し、9回は下手投げの足立丈が締めて、5-2で日大豊山都立東大和を破った。

 都立東大和は秋に続き、打線になかなか火が付かず、初戦敗退となった。左翼手・浅田緯力のファインプレーや、負傷することになってしまったが、右翼手・大関郁洋のフェンスを恐れない果敢なプレーなど、都立東大和らしい気持ちのこもったプレーは印象に残った。

 新年早々の緊急事態宣言。日大豊山は練習が1日90分に限られ、密を避けるため、A、Bに分かれて行い、全体練習はあまりできなかった。「練習試合もキャンセルがあるなど、限られていましたが、大会を開催して頂けるだけでもありがたいです」と、日大豊山の福島直也監督は語る。

 都立高校の場合は緊急事態宣言の期間は、各自で調整するしかなかった。それでも、「(解除になって)動きは悪くありませんでした。コロナを言い訳にするのはやめようと、言っています」と、都立東大和の福島靖は語る。

 今年最初の公式戦。硬さもあり、内容的には問題があったが、それでも野球ができる喜びが感じられる試合であった。

(記事:大島 裕史)