主将の小笹が2打点!東海大高輪台がコールドで都立富士富士森下し初戦突破



コールド勝ちを収めた東海大高輪台

 4日の春季東京都大会1回戦、ネッツ多摩 昭島スタジアムでの第2試合は東海大高輪台都立富士森が対戦。試合は、中盤に流れを掴んだ東海大高輪台が7回コールドで都立富士森を下し、2回戦進出を決めた。

 先制点は3回裏、二死三塁のチャンスから4番の小笹敦史がセンター前タイムリーを放ちランナーが生還。その後、都立富士森も同点に追いつくが、5回裏には7番・岸川大紀のレフトオーバーのタイムリーツーベース3得点。冷静な試合運びで、都立富士森をじわじわ突き放す。

 先発の的野健太はスピンの効いた直球と緩急の使い方が上手い投手で、またゲームメイクも優れている。4回に1点は失ったが、慌てること無く淡々と自分の投球を続け、以降は都立富士森打線に隙を見せない。

 的野の好投もあり、徐々に試合の主導権を掴んだ東海大高輪台は、後半に入るとその差を一気に広げていく。
 6回裏、一死二塁から3番・武藤拓磨の左中間へのスリーベースで1点を追加すると、続く4番・小笹も犠牲フライを放って追加点。7回裏にも押し出し死球で追加点を挙げると、最後は3番・武藤のタイムリーでコールドが確定。8対1で都立富士森を下し、2回戦に進出した。



序盤は善戦していた都立富士森だったが後半にミスが続いた

 試合後、東海大高輪台の宮嶌監督は、「打撃の方が優位にならないと難しいチームです。後半は良いヒットも出ていたので及第点です」と語り、選手たちの戦いにまずまずの表情を見せる。
 また主将の小笹も「後ろに繋ぐことを意識して、慌てずにチャンスを作ることができました」と話すなど、打線は上手く機能したことを言葉から感じさせた。

 次戦では、早稲田実業を下した國學院久我山と対戦する。
 強豪との対戦にも宮嶌監督は「終盤まできっちりついていって、粘り強く戦うだけ」と自然体だ。どんな戦いを見せるのか注目していきたい。

 一方敗れた都立富士森
 練習開始は3月20日からと練習不足は否めない中での大会となったが、投手陣も野手陣も粘りを欠く結果となった。廣瀬監督も「連携、フィールディング、バッテリーの組み立て、体力、課題は全部ですね」と語り、厳しい現状を口にした。
 夏の大会まで残り3ヶ月。ここからどこまで成長を見せることが出来るか注目していきたい。

(記事:栗崎 祐太朗)