啓明学園が延長タイブレークの激闘制す!都立豊多摩に競り勝つ



好投を見せたリリーフの河上(啓明学園)

 互いに昨秋は都大会の1回戦で敗れた都立豊多摩啓明学園。上位進出を狙うチーム同士の対戦となったが、試合は延長タイブレークまで縺れる熱戦となった。

 まず序盤に流れを掴んだのは啓明学園。3回表に二死二塁から2番・平間のセンタータイムリーで先制点を挙げると、4回表にも6番・毛利が右中間へタイムリーツーベースを放ち追加点を挙げる。5回にも1点を追加した啓明学園は、3点のリードを奪い試合を折り返す。

 だが、試合後半に入ると都立豊多摩も徐々にペースをつかみ出す。
 6回裏に一死二、三塁から3番・藤曲眞平のタイムリーツーベースで2点を返すと、なおも一死二塁で4番・藤岡利凪がライト前タイムリー。
 試合は振り出しに戻ると、その後も互いに激しく点を取り合い、9回を終えて得点は6対6。試合は延長タイブレークへと突入した。

 無死一、二塁からスタートする10回表、啓明学園は一死満塁とチャンスを拡大すると相手のパスボールで1点を勝ち越す。さらに一死二、三塁から7番・岡田の一ゴロの間に1点を追加した啓明学園は、なおも二死三塁で8番・小林がレフト線へタイムリーツーベース。
 この回3点を挙げて、都立豊多摩にプレッシャーをかける。



都立豊多摩は試合後半に追い上げを見せたが延長で力尽きた

 そして10回裏、都立豊多摩は一死満塁のチャンスから6番・渡邉舜がタイムリーを放ちランナー二人が生還。1点差に迫りサヨナラ勝ちも視野に入ってきたが、後続が続かず2点止まり。試合は9対8で啓明学園が競り勝ち、2回戦進出を決めた。

 勝った啓明学園の芦沢真矢監督は「(野手のエラーが出る中で)投手陣は良く投げました。言うこと無しです。明るさが無いとと啓明学園の野球じゃ無いので、次も目の前の事を積み重ねていきたいと思います」と語り、選手たちを称えた。

 また主将で捕手の野木裕太も「投手が頑張っていたので、援護してあげたかった。改善することは多くありますが、次も自分たちの野球していきたい」と前向きに語り、次戦に向けて気持ちを新たにした。
 啓明学園は次戦では都立小山台と対戦する。「都立の雄」を相手にどんな試合を見せるのか注目だ。

 一方、敗れた都立豊多摩
 ヒットは啓明学園を上回る10本を放ったが、勝負どころでのエラーが響く結果となった。
 平岩了監督は「投手陣は粘っていましたが、守りのミス、取るべきアウトが取れませんでした。またとんでもないボール球を振ったり、集中力も欠いていました」と反省を口にする。

 二遊間を怪我で欠くなど、決してベストのコンディションでは無かったが、記録に残らないミスも多かった。夏までのどこまでチームを仕上げることができるか注目だ。

(記事:栗崎 祐太朗)