エース・木下 孔晴が4安打完封勝利!



先発・木下孔晴(都立日野)

 昨秋ベスト16の都立日野は実力校・立正大立正と対戦。1回裏に2点を先制し、さらに1点を追加するなど序盤まで3点をリード。

 

 ベスト16入りに貢献したエース・木下 孔晴が4安打完封勝利。夏のシード獲得まであと1勝とした。

 全国の学校が緊急事態宣言の影響、あるいは新型コロナウイルス拡大の影響で、短時間練習、練習自粛を余儀なくされたが、その中でも都立校は3月20日まで活動休止となった。

 都立日野の嶋田監督は自主的に練習を行う選手たちに対して、ある指示を出した。
「全体練習再開後に体力測定を行うので、低い選手は試合に出さない」

 自主練習期間中でもフィジカルをしっかりと伸ばしてほしい。指揮官の思いは選手たちのパフォーマンスに表れていた。練習期間が短いとパフォーマンスを落としやすい。特に全体練習が禁止だった都立校はその影響が出やすい。しかし都立日野の選手たちの動きを見ると、実に力強い。伝統の強打は3得点に終わったが、12安打。打球の1つ1つが力強かった。その中で目を引く打撃をしていたのが、2年生4番・廣岡 太平と5番長町 真生だ。

 4番・廣岡は武蔵府中リトルシニアでプレーしていた選手でスイングのメカニズムを見ると縦振りでボールの下をとらえて遠くへ飛ばす狙いが見える。3打席ノーヒットが続いていたが、第4打席で二塁打。まだ軸のブレが大きく、ミスショットも多い。ただ都立日野の打者育成力の高さを見ると、最終学年ではかなりの本塁打を量産する可能性を持った打者だ。

 また2点目の右前適時打を放った長町も174センチ78キロと恵まれた体格をした捕手で、パワフルなスイングから繰り出す打球の速さは素晴らしいものがあり、スローイングも安定しているので、このまま実績を重ねていけば、野球関係者も注目する打者になるのではないか。