背番号10の朝倉が好投 東亜学園が5回コールドで3回戦へ



好投を見せた先発の朝倉広光(東亜学園)

【写真ギャラリーはこちら!】

 4月3日に開幕した春季東京都大会は、駒沢野球場での第3試合で東亜学園vs立教池袋が対戦。試合は、東亜学園立教池袋を圧倒し5回コールドで2回戦に進出した。

 先制点を挙げたのは立教池袋だった。1回表、一死一、三塁で4番・小牧叶太がレフトへの犠牲フライを放ちランナーが生還。幸先の良いスタートを切った。
 だがその直後の1回裏、東亜学園もすぐさま反撃に出る。1番・藤沢光が先頭打者本塁打を放ってすぐに同点に追いつくと、一死三塁で4番・松本 颯斗のレフト前タイムリーで追加点。すぐさま勝ち越しに成功し、奪われかけた流れを引き戻した。

 東亜学園は2回表に二死満塁のピンチを迎えたが、無失点に抑え勢いに乗る。
 直後の2回裏、相手のミスから追加点を挙げると、さらに一死二塁で2番・山口大貴がタイムリーツーベースを放ち追加点を挙げる。その後、4番・松本のタイムリーなどでさらに2点を追加した東亜学園は、6対1と点差を大きく広げ試合の主導権を握った。

 投げては先発の朝倉広光が、粘りの投球を見せる。
 初回に先制点を奪われ、また2回にもピンチを背負う投球となったが、3回以降は危なげない投球を見せた。直球を丁寧にコーナーに投げ分け、4回を3安打1失点、3奪三振。先発としての役割をしっかり果たした。

 その後も3回裏に4点、4回裏にも1点を追加した東亜学園は、そのまま11対1と大差をつけて5回コールド勝ち。2回戦進出を決めた。



立教池袋は先制点を奪い、序盤は東亜学園を押し込んでいた

 試合後、東亜学園の武田朝彦監督は「朝倉は期待はしていましたが、ここまで結果が出ていませんでした。完封までは難しいと思っていたので、こんなものです」と先発の朝倉の投球に及第点を与えた。

 また次の2回戦は都立日野に決まったが、次戦に向けても冷静に意気込みを口にした。
 「次もすごく実力に差があるわけでは無いと思います。自分たちのやっることをやるだけです」

 また好投を見せた先発の朝倉は「元々コントロールが悪く、先発できるような投手ではありませんでした。試行錯誤する中で、最近になってよくなってきました」と、自信の成長に手応えを口にする。次の投球にも注目だ。

 一方、敗れた立教池袋
 2回には満塁のチャンスもあったが、ものにすることができずに流れを相手に渡してしまった。古賀賢之監督は「東亜学園さんはしっかり振ってくるし、選球眼も良い。一つのアウトを取るのに苦労した。すべての面で力負けです」とレベルアップの必要性を口にした。

 結果的にコールド負けとなったが、2回までは東亜学園相手にもしっかりと押し込んでいた。ここから夏に向けてどんな成長を見せるか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)