目黒日大が中盤の攻勢でコールド勝ち 青山学院は6つのエラーが響く



先制点を挙げた目黒日大

【写真ギャラリーはこちら!】

 4月3日に開幕した春季東京都大会は、駒沢野球場での第2試合で目黒日大青山学院が対戦。試合は、目黒日大打線が中盤から力を見せ、6回コールドで2回戦に進出した。

 目黒日大の先発は、左腕の落合悠太。緩急を上手く使った投球が持ち味で、連打を許さない粘り強さも持ち合わせる。序盤から隙の無い投球で、青山学院打線を手玉に取っていった。

 一方の青山学院の先発は、主将でエースの中山脩悟。タレント・中山秀征氏の次男である中山脩悟だが、チームの大黒柱として声でも投球でもチームを鼓舞し続ける。右のオーバーハンドからコーナーに丁寧に直球を投げ分け、目黒日大打線に得点を与えない。

 両投手の好投で序盤は0対0と熾烈な投手戦となったが、中盤の4回に入ると突如試合が動き出す。
 4回表、目黒日大は二死二塁から5番・櫻井聖大のタイムリーで先制点を挙げると、さらにその後二死満塁から8番・落合が押し出し四球を選び追加点。
 ここで投手は中山から川島遼生へとスイッチしたが、流れは完全に目黒日大へと傾いていた。なおも二死満塁とチャンスは続き、9番・高柳政信がセンターへタイムリーを放つと、守備の乱れも重なりランナー3人がすべて生還。目黒日大はこの回一挙5点を挙げ、試合の主導権を掴んだ。



青山学院の先発・中山脩悟

 青山学院は直後の4回裏に1番・手島颯太が本塁打を放ち1点を返すが、それでも目黒日大は5回に1点を追加し、さらに6回にも相手のミスに付け込んで8点を挙げた。試合は14対1で目黒日大が勝利し、2回戦進出を決めた。

 目黒日大の木川監督は、「一昨日まで練習試合が入っており、選手には疲れがありました。3月9日まで練習ができなかったのですが、その中でもよく戦ったと思います」と語り、選手たちの戦いぶりに及第点を与えた。
 2回戦での対戦が決まった大森学園は、実は3月25日にも練習試合を行っており、その時は目黒日大は敗れているという。木川監督は、大森学園の石黒監督とは同い年で、手の内もある程度わかっている。その中で、どんな戦いを見せるか注目だ。

 一方、敗れた青山学院。茂久田裕一監督は練習不足を明かしたが、それはこの試合で記録した6失策が物語っていた。
 「課題は守備です。うちは練習できないと厳しいです。中山も万全ではなかったので、まずは守備からしっかりと鍛えたいと思います」(茂久田監督)

 また主将の中山も「打つ方ではフライが多く、無くそうと声を掛けたが、上手く修正できませんでした。守備では自分がランナーを出してしまい、味方のエラーを引き出してしまった」と悔しさを滲ませる。
 序盤の戦いぶりは決して悪くなかっただけに、夏はチームとしての粘り強さが求められる。ここからどこまで成長を見せるのか注目していきたい。

(記事=栗崎 祐太朗)