左腕・八田が6回3安打1失点の好投!大森学園が錦城学園をコールドで下す



得点を挙げる大森学園

【写真ギャラリーはこちら!】

 紆余曲折を経て、3日に春季東京都大会が開幕した。駒澤野球場での第1試合は、大森学園錦城学園が対戦。試合は序盤から大森学園が主導権を握った。

 まずは初回、大森学園は一死一塁から3番・山崎祥貴のタイムリーツーベースでランナーが一塁から一気に生還。積極的な野球で先制点を挙げると2回にも攻勢を浴びせる。

 無死一、三塁のチャンスから8番・稲津ががレフト前へのタイムリーを放ち追加点を上げると、さらに無死満塁から1番・松本哲郎のレフトへのタイムリーでさらに点差を突き放す。
 その後も3本のタイムリーなどで、錦城学園の先発・梅澤忠央を責め立てた大森学園は、2回までに8点を挙げていきなり大きなリードを奪った。

 大森学園の先発は左腕の八田成。驚くような球威があるわけではないが、直球も変化球も低めに丁寧に集めて内野ゴロを打たせる投球が持ち味だ。
 石黒隼監督は「ボール球が多かった」と辛口の評価を与えたが、立ち上がりから落ち着いたマウンド捌きを見せる。ゲームをしっかりと作り、味方の攻撃のリズムを作った。

 八田の好投もあり、その後も優位に試合を進めた大森学園。9対1で迎えた6回裏には2点を追加して、これで6回コールドゲームが成立。実力校の錦城学園を下し、2回戦進出を決めた。



好投を見せた八田成(大森学園)

 それでも試合後、石黒監督は「序盤から積極的に打ってくれましたが、まだまだです。残塁、走塁、バントなどが良くなく、野球が雑です」と語り、次戦に向けて気持ちを引き締める。また6回を3安打1失点の好投を見せた八田も「まだボール球の質が悪いです。次の試合は内野ゴロを打たせて、今日以上のピッチングをしたいです」と反省を口にした。

 大森学園は2回戦では、近年力をつけている目黒日大と対戦する。くしくも目黒日大の木川卓見監督は石黒監督と同い年で、普段から連絡取り合う間柄だという。今日の反省を活かし、どんな戦いを見せるか注目だ。

 一方、敗れた錦城学園
 先発の梅澤が波に乗れず相手に主導権を奪われた形になり、2回途中からエースの内山 界を投入したが、流れを引き戻すことは出来なかった。
 昨年の秋季東京都大会では、1回戦の東京成徳大高を3対1、2回戦の桜美林戦は0対1と、ロースコアの接戦を戦い抜く「粘り強さ」が印象的だったが、この試合では序盤で崩れた。夏にはチームをどこまで立て直してくるのか注目していきたい。

(記事:栗崎 祐太朗)