9回15K!修徳・床枝魁斗が快投と本塁打の活躍で2回戦進出!



ハイタッチする床枝魁斗(修徳)

【写真速報はこちら】

 東東京屈指の実力校同士である城西大城西修徳。なおかつ、修徳には最速145キロをマークする下町の剛腕・床枝 魁斗城西大城西には137キロを計測する小さなエース・渡邉 寮とともにエース格が昨秋から確立されたチーム同士で、試合は好ゲームとなった。

 初回、修徳1番・間島 玉喜が四球で出るなど、二死三塁から4番・床枝が城西大城西先発・渡邉のインコースに真っすぐをレフトスタンドに運ぶ先制のホームラン。初回から修徳が主導権を握った。

 ただそこからは試合展開は投手戦。自らのバットで2点リードを取った修徳・床枝が力で打者を抑えると、城西大城西・渡邉はキレとコーナーワークで相手に的を絞らせない投球でスコアボードに0が並んだ。

 その中で6回に修徳が二死一、三塁から相手のミスで中押しとなる3点目を奪いリードを広げて勝負あり。城西大城西との投手戦を制した修徳が床枝の公式戦初完封勝利で2回戦へ駒を進めた。

 勝利した修徳のエース・床枝は評判通りの投球だったといえる。180センチ85キロのがっちりした体格は大学生と見間違えてしまうような風格だが、その体格を目いっぱい使って力強いボールが次々とミットに収まる。その真っすぐに的を絞れば、キレのあるスライダーが混ざり、タイミングが合わない。力投派投手として城西大城西打線の前に立ちふさがり、被安打4、奪三振15、失点0と好投した。

 投球フォームを見ていくと、セットポジションからゆったりとしたところから、右腕を振り下ろし、角度のある力強い速球を投げ込んでくる。重心移動も長く、なかなか身体が開かないため、出所が少し見にくく、急にボールが出てくるような印象を受ける。

 そうした点を踏まえて床枝に関しては城西大城西渡邉 寮主将は「ピンチの時でも冷静に投げてくる。打席の中で見ても伸びのあるボールを投げていて、テンポ良かった」と感じ取っている。