東海大菅生、日大二を破り準決勝進出!ピンチを救った遊撃手・岩田のファインプレー



8回裏、右前2点適時打を放った 7番・小山 凌暉(東海大菅生)

【フォトギャラリーはこちら】

 東海大菅生日大二はこの夏の西東京大会でも準々決勝で対戦したのをはじめ、何度も対戦している。結果的には東海大菅生が勝っているものの、かなりもつれることも多いカードだ。この試合も、東海大菅生の優勢が予想されたが、かなりもつれた試合になった。

 2回裏一死後6番・岩井 大和がレフト柵越えの本塁打を放ち、1点を先制。続く7番・小山 凌暉も左中間を破る二塁打を放ってチャンスを作る。続く8番・岩田 一真は二塁へ低い打球。微妙な判定であったが、二直となり、岩田だけでなく、飛び出した小山もアウトになった。ここで1点止まりだったことが、日大二に流れをもたらす。

 日大二の先発、左腕の大野 駿介東海大菅生について、「とてつもなく強いチームと思いました」と語っている。それでも「真っ直ぐを投げているつもりでも、その日によってシュートになったり、日によって違います」と大野が言う、左腕投手独特の変化球を用いて、東海大菅生打線をかわしていく。

 一方東海大菅生の左腕・本田 峻也も左腕投手独特のクロスに入る140キロを超える速球や、スライダーなどを駆使して危なげのない投球をする。また本田の持ち味を、1年生捕手の福原 聖矢が引き出す。沖縄県出身の福原は、U12の日本代表に加え、U15でも2年連続で代表に選ばれている逸材。中学2年生の時にU15で本田とバッテリーを組み、本田から誘われ、東海大菅生に入っている。