日大三、攻守にわたり活躍した鎌田の逆転三塁打で日大対決を制する



日大三の選手たち

【フォトギャラリーはこちら】

 日大対決となった準々決勝の最初の試合は、日大三宇山 翼日大豊山・玉井皓一郎という両左腕の投手の快調な立ち上がりで幕を開けた。

 最初に得点を挙げたのは日大豊山だった。3回裏、内野安打を含む3連打で一死満塁とし、勝負強い2番で主将の小川 慶人がフルカウントまで粘った末に、レフト前に適時打を打ち、2人が生還した。「ストライクを取りに来るスライダーを狙っていました」と小川は言う。

 しかしリードしたのも束の間、4回表、日大豊山の玉井の制球が突然乱れる。1安打と2つの四球で一死満塁となり、打席には日大三の7番・鎌田 慎也を迎える。「緊張していました」と言う鎌田だが、6球目をしっかり叩いた打球が右中間を破り満塁の走者を一掃する三塁打となり、日大三は一気に逆転した。日大三はこの回、1番・星 憂芽の左前適時打などで5点を挙げている。

 5回表は、玉井に代わりマウンドに上がった荒木 慈安が乱れ、2四死球にバッテリーエラーで一死二、三塁となり、8番・安田 和輝の遊ゴロが野選となり、日大三がさらに1点を追加した。

 日大三は7回表には一死二、三塁のチャンスを迎えたが、日大豊山の左翼手・井原 亮介、右翼手・義金 大空が続けて好守をみせ、日大豊山も踏ん張る。

 しかし日大豊山は4回以降立ち直った日大三の宇山から得点のチャンスを作れない。8回裏は、この回先頭の2番・小川が二塁打を放ったが、続く3番・義金に代わる代打・三沢峻平の三遊間奥深くの打球を、日大三の遊撃手・鎌田が、好捕し一塁への送球も良く、チャンスを広げることができない。一方日大三の遊撃手の鎌田は、攻守にわたる活躍で、好投の宇山を助ける。

 宇山は9回裏も日大豊山の攻撃を三者凡退に抑える。宇山は3回裏こそ4安打を打たれたものの、その後は8回の小川の二塁打以外は安打を打たれず、奪三振は10で完投。6対2で日大対決を制し、3年ぶりに準決勝進出を決めた。一方日大豊山は、3年前の準決勝で敗れたのに続き、日大三の壁を破ることはできなかった。

 日大豊山の福島直也監督は、「リードされても、誰も諦めていませんでしたが、まだまだですね」と言って、肩を落とした。玉井、荒木、足立 丈に、この試合は投げなかった森燿太郎ら、力のある投手がいるだけに、今後を期待したい。

 勝った日大三の小倉全由監督は、「なかなか点が取れない」と言うように、打線はかつての破壊力はない。それでも、主戦投手の宇山を中心に守りはしっかりとしており、新スタイルの日大三の戦いぶりが注目される。