東海大菅生、足と長打で快勝! 桜美林、惜しまれる守りの乱れ



東海大菅生5番・小池祐吏

 ダイワハウススタジアム八王子は、やや冷え込んだものの、快晴の野球日和であった。
 優勝候補・東海大菅生に、2試合続けて1-0で勝利した桜美林が挑んだ一戦。2試合連続で完封した桜美林の左腕・岸祥大の投球が注目されたが、東海大菅生はまず、足で崩した。

 東海大菅生は1回表一死から2番・福原 聖矢が四球で出塁すると、二盗、三盗と続ける。そして4番・堀町沖永の中前安打であっさり先制した。今回のチームについて東海大菅生の若林弘泰監督は、「ノーヒットでも、点を取る」と言っており、長打力だけでなく、足も重要な武器になっている。
 2回表は、桜美林の守備の乱れで、東海大菅生が追加点を挙げる。この回、一死一、二塁から、先発投手でもある9番・本田 峻也がバント。一塁手の椎名遥輝の三塁送球が暴投になって、東海大菅生が1点を追加した。椎名は背番号6で本来の一塁手ではない。夏の間の練習も十分できず、桜美林の片桐幸宏監督は、「やり繰りしています」と、苦しい状況を吐露する。

 さらにこの回、1番・千田の中前安打と2番・福原の中犠飛でさらに2点を追加した。
 桜美林も2回裏に5番・清水颯斗の二塁打と7番・紺野翔大の左前安打で1点を返したものの、3回表に東海大菅生は7番・小山 凌暉の中前安打で1点を追加する。

 5回表には5番・小池 祐吏がレフトフェンス直撃、あわや本塁打という二塁打を放って一塁走者を還し、1点を追加した。小池はDeNAコーチの小池正晃氏の長男。人間形成を第一に掲げる若林監督の指導方針に感銘して、東海大菅生に入学した。二塁打については、「ホームランでなかったけれども、芯に当たったので良かったです」と語っている。

 6回表は、一死後1番・千田が三塁打を放ち、2番・福原の右飛で、千田は本塁を突いたが、右翼手・中脇秀の好送球で、千田は本塁で憤死した。その裏、桜美林は好送球の中脇の内野安打で1点を返したが反撃もここまで。
 8回表桜美林の2失策に捕逸などもあり、東海大菅生は4点を入れて10-2。8回コールドが成立した。

 東海大菅生とは力の差があったのは確かだが、守りの乱れからの失点の多さに、「冬の間、しっかりやらないといけません」と、片桐監督は語った。それでも、1回戦、2回戦は1-0の完封で勝ち上がった。先発の岸は東海大菅生打線について、「少しでも甘いと持って行かれる」と語る。それでも2試合連続完封は自信になったようで、「もう少し制球力と、変化球のキレをよくしたいです」と、今後に向けての意気込みを語った。

 勝った東海大菅生は、準々決勝で日大二と対戦する。この両校は、この夏も準々決勝で対戦したのをはじめ、たびたび対戦している。東海大菅生が勝ち続けているが、接戦も多い。「目の敵にしてくると思います」と、若林監督は警戒する。この秋は帝京がコールド負けするなど、何が起きるか分からないけれども、長打力に足と、攻撃の引き出しも多く、選手の層も厚い東海大菅生は、優勝候補の筆頭であることは確かだ。

(記事=大島 裕史)