強打が売りの日大二が17安打16得点で快勝!次戦は今夏敗れた東海大菅生と再戦



先頭打者本塁打を放った杉山(日大二)

 都営駒沢球場で行われた3回戦、日大二日本学園の一戦は、日大二が17安打16得点と打線のつながりを見せ、6回コールドの16対0で日本学園を下し、ベスト8進出を決めた。

 日大二は初回、1番・杉山 大知が1ボールからの2球目の変化球をうまくバットにのせた打球は左翼フェンスを越え、先頭打者本塁打で先制した。この本塁打に杉山は「変化球でバットの先だったので、入ってくれという感じでした」と振り返り、第一打席のファーストストライクから積極的に振り切り、自慢の強力打線に火を点した。続く2番・宮本 寛人は内野安打で出塁し、3番・藤井 道万が適時二塁打を放ち、上位3人で3点を奪取した。

 3回には3番・藤井の本日2本目となるの2点適時打などで4点を奪い、序盤で6対0と日本学園を大きく突き放す。

 4回にも3番・藤井の犠飛、4番・岩田 侑真の適時打などで3点を追加し9対0にリードを広げた。

 投げては2回戦早大学院戦に引き続き先発した日大二の1年生左腕・大野 駿介が4回まで無安打で抑え、5回を2安打無失点と好投。日本学園打線に的をしぼらせなかった。

 そして6回には、1番・杉山のこの日2本目となるの2ランが飛び出した。この打席については「しっかりとらえることができました」とこちらも初球の変化球を強振した。杉山も「打ち出したら止まらない」と語る日大二打線は17安打16得点の6回コールドで試合を制し、ベスト8進出を決めた。

 次戦の準々決勝は今夏独自大会の準々決勝と同じく東海大菅生と当たる。今夏はエース・折笠 利矩を擁すも後に東京No.1となった東海大菅生に4対11で大敗を喫している。田中監督は「次はちょっとでもいい試合ができるように」と強力打線を持って今夏王者へのリベンジ戦に挑む。

(記事=藤木 拓弥)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。