巧みな投球術でエース・市川 祐が1失点完投!関東一の我慢が実を結び終盤に相手エースを攻略



関東一のエース・市川祐

 エース同士の投げ合いは関東一市川 祐に軍配が上がった。

 都営駒沢球場の第二試合で行われた3回戦、関東一都立日野の一戦は、関東一が終盤で粘りを見せ4対1で都立日野を下し、ベスト8進出を決めた。

 この試合は関東一市川 祐都立日野木下 孔晴の両右腕がエースにふさわしい投球で投手戦を展開する。

 先制したのは都立日野だった。5回表、二死満塁で4番・島 叡司が右前に適時打を放ち市川から1点をもぎ取る。一方、関東一は6回裏、二死二、三塁で6番に座る市川が自らのバットで同点打を放ち1対1とし試合は後半戦へ進んだ。

 市川は常時130キロ後半の直球とスライダー、カーブ、チェンジアップの3球種を組み合わせ、持ち前の投球術で要所を締める投球を続ける。

 木下も、130キロ前半の直球と精度の高いコントロールで8回まで5安打1失点と一歩も譲らなかった。

 この緊迫した投手戦の均衡を破ったのは関東一打線だった。

 「前日のミーティングでは3対2で勝とうと言っていましたが、最後まで我慢してくれました」と試合を終えた関東一の米澤貴光監督が振り返るように、制球力のある木下を攻略するために、状況に応じた右打ちや、球の見極めを徹底してきた関東一打線の”我慢”が実を結んだ。

 同点で迎えた8回裏、関東一は一死二、三塁の好機に5番・井坪 陽生の右前2点適時打で勝ち越しに成功し、6番・市川も左前で続き、ここまで好投の木下から終盤で3点を奪い、試合を決めた。

 木下は8回を115球、8安打、4失点、5奪三振と粘投も、終盤に3失点を喫した木下は「調子は良かったですが、後半にはコースが少し甘くなってしまいました」と涙を滲ませながらこの試合の投球を振り返った。相手エース・市川の印象については、「変化球でカウントが取れていて、自分より一枚上手でした」と一次予選ではノーヒットノーランを達成し、この大会3完投を記録している市川の投球術を実感した。

 都立日野の嶋田 雅之監督は、「力のあるチームに真っ向勝負できていましたが、最後に相手の良さを出されてしまいました。関東一さんのような隙のないチーム作りをしていきたい」と語った。

 9回131球、8安打、1失点、7奪三振で完投勝利を果たした市川は今日の投球を「これといって良いボールはなかったので、全ての球種を使って相手の意識を散らすように意識しました。際どいボールを見極められましたが、変化球でかわすことができました」振り返った。

 次戦の準々決勝は八王子と対戦するが、「次回は0点で抑えたいです。優勝して春の選抜に出たい」と目標の優勝、選抜の切符まであと3勝とした。

(記事=編集部)