八王子が国士舘の3連覇を阻止!注目の大形左腕・羽田慎之介は8回1失点、四死球1の好投



羽田慎之介

 「今日はバックに助けられました。打たれてもいいのでストライク先行で投げることを意識しました」
 八王子の先発・羽田 慎之介は、ほっとした表情で試合を振り返った。

 ダイワハウススタジアム八王子で行われた秋季東京都大会2回戦、八王子国士舘の第1試合は八王子が劇的なサヨナラ勝ちで国士舘の秋3連覇を打ち砕いた。

 八王子先発の大型左腕・羽田 慎之介はストライク先行の投球でリズム良くアウトを重ねてく。190センチ・82キロと大きなポテンシャルを感じさせる体格だが、決してただの素材型投手では無く投球フォームもコンパクトで、変化球もコーナーに丁寧に投げ分ける。
 敵将の永田監督も「あれだけ抜いたボールを両サイドに投げられると打てない」と唸らせ、4回にセーフティスクイズで先制点こそ許したが大崩れすることなく以降は無失点で抑えた。

 一方の打線は、国士舘の先発左腕・常盤 育弘の前に無得点に抑え込まれてた。直球を丁寧にコーナーへ投げ分け、後半に入るとチェンジアップを効果的に使う常盤。八王子の安藤徳明監督も「思っていた以上に良い投手。真っ直ぐはシュート気味に入ってきて、後半に使ってきたチェンジアップも我慢できませんでした。本当に野球が上手い投手だなと思いました」と語るなど、センスの高い投球を存分に見せつける。
 八王子打線は8回まで散発の6安打と、我慢の展開が続いた。

 このまま国士舘が逃げ切るかと思われたが、最終回に遂に八王子がチャンスを作る。
 相手のエラーから始まり、常盤の制球が定まらなくなったところにつけ込んで二死満塁のチャンスを作ると、1番・安藤 健が押し出し四球をもぎ取りと土壇場で同点に追いつく。さらに満塁のチャンスは続き、2番・新田 優樹の当たりはセカンドへのタイムリー内野安打となり三塁ランナーがサヨナラのホームへ。

 八王子が粘った末のサヨナラ勝ちで国士舘の秋3連覇を阻止し、3回戦進出を決めた。