昨年の2回戦と同カード 因縁の対決に日本学園、集中打で昨年に続き東亜学園を下す



日本学園・浅井颯斗投手

 試合開始前から、両チームとも気合が入っていた。

 昨年の10月26日、都営駒沢球場の第2試合で、2回戦の日本学園東亜学園の試合があり、4対3で日本学園が逆転した。そして今年、10月25日の都営駒沢球場の第2試合で2回戦の日本学園東亜学園の一戦が再度組まれた。

 全体の参加チーム数が240を超え、2回戦でも32校、使用球場も、準決勝、決勝戦しか使わない神宮球場を除いても6球場もある東京において、奇跡的な偶然で組まれたリターンマッチである。

 「先輩たちも勝っています。去年を超えることを目標にしていますので、ここは負けられません」と日本学園の主将・吉澤伸容が言えば、東亜学園の主将の竹松 京飛は、「昨年もこの球場で負けていますから。先輩たちの思いもありました」と語る。日本学園の吉澤も、東亜学園の竹松も、昨年は9番打者で出場し、今年は1番打者でチームを引っ張っている。

 ただ東亜学園は、昨秋も投手陣の柱であった阿部 太一朗深堀 力斗が故障で無理をさせられない状況にある。この試合に先発した背番号9の松本 颯斗も投手陣の1人ではあるが、負担が大きくなっていた。

 試合が動いたのは3回表日本学園の攻撃だった。走者2人を置いて、4番・澤田夕輝が右中間を破る三塁打を放ち2点を先制。澤田も6番・野村秀也の左前安打で還り、3点をリードする。

 負けられない東亜学園は、4回裏に6番・郡司裕輝の二塁打で1点を返したのに続き、7番・高橋律樹のレフト柵越えの2ランで一気に同点に追いついた。

 けれども、この試合の日本学園は集中打が出た。6回表には安打3本を連ね1点を挙げた後、4番・澤田の2打席連続の三塁打で2点を追加。東亜学園は松本に代えて、1年生の西村奏風をマウンドに送ったが、一失で日本学園がさらに1点を追加した。

 東亜学園も6回裏に4番・鈴木 浩太朗の本塁打などで2点を返し、7回、8回にも1点ずつ取ったが、日本学園は7回表に吉澤のスクイズなど3点を追加し、8回表にも2点を追加して勝負を決めた。

 東亜学園にすれば、2年続けて2回戦で同じ相手に負けるという、悔しい敗戦になった。もちろん、主力投手2人の故障という不運もあったが、「こういう試合に向けて、故障者が出ること自体、ダメなんでしょうね」と、東亜学園の武田朝彦監督は語る。

 また竹松主将は「日常の生活からしっかりしていきたいです」と語った。それでも、昨年は秋に日本学園に負けたと、夏の東東京大会は準決勝に進出している。まずは、ベストのメンバーを揃えたうえで、全体の底上げを期待したい。

 勝った日本学園は、猛打が目立った一方で、エースの左腕・浅井颯斗の疲労がたまっており、後半は気力で投げている感じであった。「浅井は精神的にも疲れています」と、高橋裕輔監督は言う。3回戦は日大二との、伝統校同士の対戦になる。浅井をどう盛り立てていけるか。準々決勝進出をかけた大事な一戦になる。

(記事=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。