2020年10月25日 立川市立川公園野球場

東海大菅生vs目黒日大

2020年秋の大会 東京都大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

東海大菅生が目黒日大を圧倒!5回コールドで下して3回戦へ!



ホームランを放った東海大菅生・小池 祐吏

 夏の西東京大会、そして東西決戦も制した勢いそのままに秋の頂点も狙う東海大菅生。2回戦は目黒日大と激突したが、自慢の強力打線が機能した。

 エース・本田 峻也が三者凡退で目黒日大の初回の攻撃を抑える立ち上がりを見せると、直後の攻撃で1番・千田 光一郎のヒットを皮切りに一死満塁とする。ここで5番・小池 祐吏がレフトスタンドに飛び込む満塁ホームランで、東海大菅生が幸先よく4点を奪う。

 小池は元横浜DeNAベイスターズ小池 正晃氏が父で、横浜DeNAベイスターズジュニアを経験し、渡邊 佳明や横尾 俊健らを輩出した中本牧シニアで中学時代を過ごした逸材ルーキー。

 ややオープンスタンス気味で構えて、あまりテイクバックを引くことなく、ヘッドをピッチャー方向に入れながら股関節に重心を溜めてトップを作る。そこから一気にバットを振り、インハイに来たスライダーをレフトスタンドに入れ込んだ。

 高校通算2本目で、新チームがスタートしてから行った練習試合で1本放っているとのこと。小池はスイングスピードを上げるべく、ティーバッティング以上に素振りを重視して力を付けてきた。また、開きを抑えるべく、素振りの中でツイストの動作を入れるなどして課題にも取り組んできた。その成果もあり、130キロだったスイングスピードは135キロまで上がり、この結果に繋がった。

 2回には目黒日大のミスと3番・橋本 唯塔のタイムリーで追加点を挙げた東海大菅生。橋本は少し上体こそ高いが隙のないフォームをしており、耳と同じくらいの高さと少し高め位置でトップを作り、鋭く回転させて一気にバットを振り下ろすのが印象的な強打者だ。

 その橋本の攻撃で2回に追加点を入れた東海大菅生は、3、4回にも追加点を入れて目黒日大を引き離す。4回終わって8対0とすると、5回には2番・福原 聖矢の犠牲フライで9対0。その後、一死満塁となったところで、5番・小池が犠牲フライでこの試合5打点目。さらにコールドを決める10点目を入れてゲームセット。東海大菅生目黒日大を5回コールドで下して、3回戦進出を決めた。

 エース・本田はヒットを1本しか許さず、四球も2つのみと安定感が光る。セットポジションから捻りながら足をあげていき、インステップ気味に足を踏み出していき、スリークォーターの高さから腕を振り抜いていく。

 キレのあるストレートがコーナーに決まるストライクゾーンを広く使いつつ、鋭く変化する変化球で空振りを奪えるレベルの高い投球が光る。

 その本田にバッテリーを組む1年生・福原、1番・千田 光一郎、4番・堀町 沖永など実力者が残るが、今年は足を使う攻撃が武器だと小池は語る。
「今年はホームランを打てるような選手があまりいませんが、練習から細かな場面を想定した実践練習で足を使った攻撃を練習してきました。ここから先は強豪との戦いになりますが、チームプレーで勝ち上がっていきたいと思います」

 実際に初回から積極的に盗塁を仕掛け、2回の攻撃では4度の盗塁成功。また5点目は一死三塁から内野ゴロでも素早いスタートで点数を奪うなど、次の塁を陥れている。やはり今年の東海大菅生の攻撃力は要警戒だ。

 一方で敗れた目黒日大は、エラーが多く守備からリズムが作れなかった。攻撃陣も本田の前にヒット1本、四球2つと三塁までランナーを進められなかった。力負けという形となったが、この敗戦をどう活かしていくのか。春の戦いを楽しみにしたい。

(記事=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
今年の巨人育成枠で支配下に最も近い徳島インディゴソックス・戸田懐生(東海大菅生-KTCあおぞら)が仮契約! 【ニュース - 高校野球関連】
【秋季東京都大会】東海大菅生が日大三を下し6年ぶり3度目の優勝! 【ニュース - 高校野球関連】
東海大菅生vs日大三【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs関東一【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1021回 【秋季東京大会準決勝展望】関東一vs東海大菅生の横綱対決と日大三と二松学舎の好左腕対決は激アツ!【大会展望・総括コラム】
東海大菅生vs日大二【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs桜美林【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
目黒日大vs都立日野台【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1017回 関東一、帝京、早稲田実は激戦必至のブロックに!秋季東京都大会の見所を徹底展望!【大会展望・総括コラム】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
第130回 ラストチャンスにかけた最終打席は申告敬遠。東海大菅生の4番・杉崎成はスラッガーとしての大成はこれから【高校野球コラム】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第949回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
2020年秋の大会 東京都大会
東海大菅生 【高校別データ】
目黒日大 【高校別データ】
2020年度秋季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

目黒日大いつも応援しています権之助坂商店Y 2020.10.21
お店があるのでなかなか試合を観に行く事は出来ないが、日頃、野球部のみんなの元気と笑顔にパワーをもらっています。

チーム一丸となって、いつもの元気で戦って下さい。
応援しています。
東海大菅生前向きに全力疾走!菅生が1番 2020.10.20
今年はいろいろとあった。そんな中でも菅生は夏に東京制覇を果たした。今までの過去を誇りにしながら常に前向きに全力疾走で突き進もう。菅生の目標である全国制覇のために。決して止まってはいけない。1つ1つの試合でひたむきに全力疾走してたら、見てくださる方々は応援してくれるから、前を向いて動き続けていこう!次の対戦相手に対しても菅生らしいフェアプレーで挑もう!堅守が持ち味の全員野球を相手に示そう!菅生はまだまだ強くなれる!頑張れ菅生!

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る