東海大菅生が目黒日大を圧倒!5回コールドで下して3回戦へ!



ホームランを放った東海大菅生・小池 祐吏

 夏の西東京大会、そして東西決戦も制した勢いそのままに秋の頂点も狙う東海大菅生。2回戦は目黒日大と激突したが、自慢の強力打線が機能した。

 エース・本田 峻也が三者凡退で目黒日大の初回の攻撃を抑える立ち上がりを見せると、直後の攻撃で1番・千田 光一郎のヒットを皮切りに一死満塁とする。ここで5番・小池 祐吏がレフトスタンドに飛び込む満塁ホームランで、東海大菅生が幸先よく4点を奪う。

 小池は元横浜DeNAベイスターズ小池 正晃氏が父で、横浜DeNAベイスターズジュニアを経験し、渡邊 佳明や横尾 俊健らを輩出した中本牧シニアで中学時代を過ごした逸材ルーキー。

 ややオープンスタンス気味で構えて、あまりテイクバックを引くことなく、ヘッドをピッチャー方向に入れながら股関節に重心を溜めてトップを作る。そこから一気にバットを振り、インハイに来たスライダーをレフトスタンドに入れ込んだ。

 高校通算2本目で、新チームがスタートしてから行った練習試合で1本放っているとのこと。小池はスイングスピードを上げるべく、ティーバッティング以上に素振りを重視して力を付けてきた。また、開きを抑えるべく、素振りの中でツイストの動作を入れるなどして課題にも取り組んできた。その成果もあり、130キロだったスイングスピードは135キロまで上がり、この結果に繋がった。

 2回には目黒日大のミスと3番・橋本 唯塔のタイムリーで追加点を挙げた東海大菅生。橋本は少し上体こそ高いが隙のないフォームをしており、耳と同じくらいの高さと少し高め位置でトップを作り、鋭く回転させて一気にバットを振り下ろすのが印象的な強打者だ。

 その橋本の攻撃で2回に追加点を入れた東海大菅生は、3、4回にも追加点を入れて目黒日大を引き離す。4回終わって8対0とすると、5回には2番・福原 聖矢の犠牲フライで9対0。その後、一死満塁となったところで、5番・小池が犠牲フライでこの試合5打点目。さらにコールドを決める10点目を入れてゲームセット。東海大菅生目黒日大を5回コールドで下して、3回戦進出を決めた。

 エース・本田はヒットを1本しか許さず、四球も2つのみと安定感が光る。セットポジションから捻りながら足をあげていき、インステップ気味に足を踏み出していき、スリークォーターの高さから腕を振り抜いていく。

 キレのあるストレートがコーナーに決まるストライクゾーンを広く使いつつ、鋭く変化する変化球で空振りを奪えるレベルの高い投球が光る。

 その本田にバッテリーを組む1年生・福原、1番・千田 光一郎、4番・堀町 沖永など実力者が残るが、今年は足を使う攻撃が武器だと小池は語る。
「今年はホームランを打てるような選手があまりいませんが、練習から細かな場面を想定した実践練習で足を使った攻撃を練習してきました。ここから先は強豪との戦いになりますが、チームプレーで勝ち上がっていきたいと思います」

 実際に初回から積極的に盗塁を仕掛け、2回の攻撃では4度の盗塁成功。また5点目は一死三塁から内野ゴロでも素早いスタートで点数を奪うなど、次の塁を陥れている。やはり今年の東海大菅生の攻撃力は要警戒だ。

 一方で敗れた目黒日大は、エラーが多く守備からリズムが作れなかった。攻撃陣も本田の前にヒット1本、四球2つと三塁までランナーを進められなかった。力負けという形となったが、この敗戦をどう活かしていくのか。春の戦いを楽しみにしたい。

(記事=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。