2020年10月19日 江戸川区球場

目黒日大vs都立日野台

2020年秋の大会 東京都大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

雨中の試合、目黒日大逃げ切り2回戦へ!都立日野台、惜しまれる6回のスクイズ失敗



大園隼平

 試合前のノックで、都立日野台は背番号12、主将の藤波匡哉がノックをしている。実は藤波は心臓の病気があることが分かり、激しい運動はできない。それでも小学1年生から始めた野球が好きで、このチームでは、主将としてチームをまとめるだけでなく、試合中は、自らサインを出して、采配もしている。

 対する目黒日大の主将・當山竜祥は、昨年の夏に1年生ながら主将に就任し、2年続けて主将を務めている。昨年はもともと2年生が2人しかおらず、1年生中心のチームであったが、當山自ら主将に立候補した。主将として、上級生にも強いことを言ったという。

 そんな両チームの対戦であったが、試合は1回裏に目黒日大の1番・油井佑樹が四球で出ると、2番・小西歩夢がレフトへの三塁打を放ち、目黒日大があっさり先制した。小西も3番・酒井皓哉の犠飛で還り、初回に2点を入れた。

 都立日野台の林慈央は、1年生ながら夏も登板し、経験は十分だが、序盤は不安定な投球が続いた。

 3回表に都立日野台は3番・柏木幸聖の二塁打などで1点を返したものの、その裏に3番・酒井、4番で主将の當山の連打などで2点を失う。この頃から、江戸川区球場では雨が降り始めた。そうした中、目黒日大は4回、5回と1点ずつを追加し、リードを広げる。

 ところが6回表、目黒日大の先発、背番号12の左腕・大園隼平の投球が突然乱れ、3人続けて四球で満塁となる。ここで目黒日大は、大園に代わり、右の秋元陽介が登板したが、8番・牧瞬平の二ゴロは内野安打となり、都立日野台が1点を返す。

 9番・早川陸は三振に倒れたものの、1番・関根涼星は死球でさらに1点。代わったばかりの秋元は、苦しい投球が続く。続く森優人の1ボールからの2球目、ここで都立日野台はスクイズを仕掛けたが外され、三塁走者はアウトになった。

 相手投手が苦しんでいる場面なので、無理に仕掛けるところではなかった。スクイズのサインを出したのは、主将の藤波だった。「森のバントで得点をしたかったのですが。責任を感じます」と、藤浪は語る。結局森は、一飛に倒れ、この回は2点止まり。都立日野台は8回にも1点を返したものの、及ばず、6対4で目黒日大が逃げ切った。

 終わってみれば、相手投手が完全に苦しんでいた6回に2点しか取れなかったことが、都立日野台には痛かった。しかし藤沢にとっては、非常に貴重な経験だったと思う。失敗したからこそ学べることは、たくさんある。この経験を、これからに生かしてほしい。

 一方勝った目黒日大は、2回戦は優勝候補の東海大菅生と対戦する。「厳しい戦いになりますが、勝てないチームではないです」と、主将の當山は言う。その心意気は大切である。強豪相手に臆することなく、思い切って戦ってほしい。

(記事=大島 裕史)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大菅生vs目黒日大【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
横浜高や横浜DeNAで活躍した小池正晃氏の息子・祐吏の満塁弾を含む5打点の活躍で東海大菅生が5回コールド勝ち! 【ニュース - 高校野球関連】
実践学園vs目黒日大【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
目黒日大vs高輪【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
日本学園vs都立日野台【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
堀越vs目黒日大【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
激闘の延長戦は、国際基督教大高に軍配が上がる!!2試合を徹底レポート!【秋季東京都大会一次予選】 【ニュース - 高校野球関連】
都立日野台 【高校別データ】
目黒日大 【高校別データ】
2020年度秋季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

目黒日大全力プレーで権之助坂商店Y 2020.10.16
いつもの明るい笑顔、そして全力プレーで。
目黒日大さぁ、始まるぞ。リッキー 2020.10.14
大会ごとに結果を伸ばしている選手たちは、自分たちの成長を感じていると思います。自信を持って、おごらず戦ってください。
頑張れ‼︎

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る