エース・的野が粘りの好投!東海大高輪台が7回コールドで実践学園を退ける



6回を投げて6安打2失点の投球を見せた的野健太(東海大高輪台)

 19日、ダイワハウススタジアム八王子で行われた秋季東京都大会1回戦は、第1試合で東海大高輪台と実践学園が対戦。試合は、序盤から東海大高輪台打線が力を発揮して初戦を突破した。

 まずは初回、一死一、三塁から4番・小笹敦史の中犠飛で1点を先制した東海大高輪台は、2回にも2番・宮田 伝蔵のタイムリーなどで2点を追加する。
 3回に1点を返されるが、4回には1番・金森太輝のタイムリーを皮切りに計3本のタイムリーを浴びせて一挙5得点。着実に得点を重ねて試合を優位に進めた。

 投げては先発の的野健太が粘りの投球を見せる。
 決して直球に強さがある訳では無いが、スピンの利いたボールを両サイドにコントロールできる制球力を持っており、ランナーを出しても落ち着いて後続を断っていく。6イニングを投げて6安打2失点、球数も104球を要したが、しっかりと作った。

 宮嶌孝一監督も「コントロールが良く大崩れする投手ではありません。初戦で緊張もあったと思いますが、及第点だと思います」と話し、的野への信頼を口にした。

 6回にもさらに追加点を重ねた東海大高輪台は、最終的に11対4の7回コールドで勝利。実践学園を下して2回戦進出を決めた。

 試合後、先発の的野は「いつもの試合では尻上がりに良くなっていくタイプですが、今日は序盤から調子が良く三振も普段より取れました。後半は下半身が使えずに低めも決まりませんでしたが、次の試合では今日よりも少しでも良くなるようにしたいです」と語り、次戦に向けて意気込みを口にした。
 2回戦の相手は日大鶴ヶ丘に決まったが、宮嶌監督は「ぶつかっていくだけ」と胸の内を語る。東京都を代表する実力校の対決だけに、どんな戦いになるか注目だ。

 一方、敗れた実践学園。先発の菅沼 麟太郎はサイドハンドからキレのある直球を投げ込む好投手であったが、カウントを悪くしたことで、ストレイクゾーンで勝負せざるを得ない状況になってしまった。
 沢里監督も「競り合いであれば力を発揮するタイプ。接戦に持ち込むことを想定していた」と話すなど、菅沼が序盤に崩れたことは想定外であったようだ。

 打線には旧チームからの中心打者である吉村昇摩など実力のある打者もおり、全体的なチームのバランスは良い。ここからどこまで地力を上げ、また実践力を高めることが出来るか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。