2020年10月19日 上柚木公園球場

東海大菅生vs本郷

2020年秋の大会 東京都大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

これぞ東京王者の試合運び。投打ともにタレント揃いの東海大菅生の試合内容がハイレベル!



福原聖矢(東海大菅生)

 雨が降り始めた上柚木公園野球場東海大菅生の打者は次々と雨を切り裂くような打球を放った。

 東海大菅生はいきなり1点を先制されたが、2回裏に、打者11人の攻めで、一挙8得点。さらに3回裏には7番小山 凌暉の適時打で2点を追加し、4回裏にはまたも打者11人の攻めで、5得点。15対1と圧倒した。

 東海大菅生の打者が素晴らしいのは、大振りにならず、インサイドアウトのスイングでコンパクトに捉えることができること。1番・千田 光一郎、2番・福原 聖矢、4番・堀町 沖永といった夏からの主力打者は上半身、下半身をバランスよく使ったスイングができている。福原によると、普段の打撃練習では緩いボールで、ライナー性を打つ練習を心掛けている。もちろん速球やシート打撃で投手のボールを打つことはあるが、普段から打撃フォームにこだわり、質の高い練習内容を送っているのがうかがえる。

 また投手陣も好投を見せた。先発左腕・櫻井 海理はインステップしながら、左スリークォーター気味から投げ込む直球は常時125キロ~130キロ前半(最速132キロ)の直球、スライダー、カーブをバランスよく使った投球で3回1失点の投球。

 そして4回表から大型右腕・鈴木 泰成が登板。ワインドアップから始動し、ゆったりと振り下ろすオーバーハンドから繰り出す常時130キロ~135キロの直球、120キロ前半のスライダー、フォークの切れもよく、2回を投げて4奪三振と圧倒。

 若林監督からは「もしコロナがなく、しっかりと練習の積み上げができれば、先発で投げていた投手。冬場にしっかたえりときこんでいけば、来年はもっと速くなる」と期待も高い。

 優勝候補としても期待がかかるが、東海大菅生が狙うのは日本一だ。「甲子園に行くということになってしまうと、言葉は悪いですが、運よくということになってしまう。全国制覇することを目標におけば、その過程として甲子園に出場することになる。その方針をとってから2017年夏の甲子園ベスト4にいくことができましたし、今年も優勝を狙える戦力だと思います」と高く評価する。

 東海大菅生の選手は一けた台、二けた台の背番号の選手が関係なく活躍している。主力と控え選手の間で力量差が小さい。この夏の東京王者はやはり強い。そう実感させられたゲームだった。

(記事=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
今年の巨人育成枠で支配下に最も近い徳島インディゴソックス・戸田懐生(東海大菅生-KTCあおぞら)が仮契約! 【ニュース - 高校野球関連】
【秋季東京都大会】東海大菅生が日大三を下し6年ぶり3度目の優勝! 【ニュース - 高校野球関連】
東海大菅生vs日大三【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
横浜隼人vs東京実vs滑川総合【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
東海大菅生vs関東一【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1021回 【秋季東京大会準決勝展望】関東一vs東海大菅生の横綱対決と日大三と二松学舎の好左腕対決は激アツ!【大会展望・総括コラム】
東海大菅生vs日大二【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs桜美林【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1047回 東亜学園(東京)が毎年好投手擁する堅守のチームに仕上げられるワケ【後編】【野球部訪問】
第1047回 東亜学園(東京)どのようにして高い打力を身につけていくのか【前編】【野球部訪問】
第1017回 関東一、帝京、早稲田実は激戦必至のブロックに!秋季東京都大会の見所を徹底展望!【大会展望・総括コラム】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第949回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
東海大菅生 【高校別データ】
本郷 【高校別データ】
2020年度秋季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (6)

本郷素晴らしい!保護者 2020.10.20
強豪相手に一点先取したことを誇りに思います!素晴らしい試合をありがとう!
本郷初戦突破!本郷卒業生 2020.10.18
強豪校の東海大菅生と戦えるのは、すごくチャンスだと思う。
強豪校とはいえ、同じ高校生!
東海大菅生に勝った自分達をイメージをして、全力でぶつかって下さい!
球場には行けないけど、応援しています!
東海大菅生今度こそ球場で菅生トマト 2020.10.13
菅生の伝説が、ここから始まる。ここ数年のいろいろな想いを背負い、最強の伝説をお願いしたい。
春も夏も実際には見ることができなかったが、秋こそは球場に足を運んで応援したい。
最強の吹部の応援、ベスト8くらいからはあるのかな?
菅生ミックスも聞きたいし、1番からの個人のテーマも気になる。
片山、杉崎と長距離打者のテーマとして、その価値を上げてきたアフリカンは誰になるのだろうか?
閉塞感に押しつぶされそうな世の中を、若人たちの力で一筋の光明を。
本郷がんばれ!同窓生 2020.10.13
組み合わせ見て驚いた。
でも、公式戦でこんな強豪と戦えるなんて素晴らしい。
全力で戦ってください。
本郷不倒敗本郷学園応援委員会 2020.10.12
コロナ禍で規制の多いなか、それでも、できる限りの応援をします。頑張ってください。
東海大菅生菅生らしさを示そう菅生が1番 2020.10.12
秋の都大会の組み合わせが決まった。まずは初戦が大切である。初戦は、強豪校と雖も苦戦を強いられる。波にのるまでに、それなりの時間を要するからだ。そこで菅生は、いつも通りの堅守からの流れで主導権を握ること。ここから菅生らしいリズムが出てくる。次に、前への進塁を常に心がける機動力を発揮することで流れが出てくる。揺さぶりをかけるしたたかさも見せよう。その流れにのれれば投打がかみ合いはじめる。しかし、その流れを築くのには1人1人の気持ちや意識がものすごく重要となる。全員が全国制覇を誓うという意識である。相手がどんな強豪校だろうと、揺るぎない意志と気持ちで全力疾走しよう!とにかく動き続けよう。本郷も本戦出場を果たした強豪校である。気を緩めることなくぶつかれ!菅生は強い!強くなれる!頑張れ菅生!

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る