二松学舎大附、9回二死から代打・柴田 サヨナラ逆転3ラン



サヨナラ逆転本塁打の柴田怜英

 もし9回裏の猛攻がなければ、この試合は、二松学舎大附のエース・秋山 正雲の奪三振⒕の力投及ばず、という見出しになっていたかもしれない。

 この試合、4回と7回を除けば、二松学舎大附の左腕・秋山の投球は圧巻だった。特に4回表の最後の打者から6回表の最初の打者まで5人連続の三振を含め、三振ショーを繰り広げた。二松学舎大附の市原勝人監督は、「今日は硬くなって、ボールは来ていませんでした」と言う通り、本来140キロを超えるストレートは130キロ台半ばが多かった。それでも、気迫のこもった投球には力強さがあり、スライダーなどの変化球も切れて、成立学園打線のバットは空を切る。

 しかし4回表は、魔が差したように一気に失点する。一死後成立学園の2番・松井琉が内野安打で出塁すると、3番・和田虎大が左右間を破る二塁打を放ち松井が生還する。さらに4番の村田栄太郎がレフトへ本塁打を放ち、瞬く間に成立学園が3点を先制した。

 さらに7回表、6番・中山大輝が甘く入った初球を叩くとレフト柵越えの本塁打となり、差が4点に広がった。

 一方、二松学舎大附打線は沈黙する。1回表、成立学園の先発・村田が乱調で、先頭の2人を四球で歩かせ、その次の打者の初球もボールになると、成立学園はすぐに左腕の吉田貴翔に交代した。吉田は、緩い球で低めを丁寧に突くと、二松学舎大附打線は打ち急ぎ、凡打を繰り返す。

 それでも二松学舎大附は7回裏二死三塁から8番・鎌田 直樹が中前安打を放って1点を返した。けれども8回裏は三者凡退で、3点のリードを許し、9回裏二松学舎大附の攻撃を迎える。

 好投していた成立学園の吉田も、疲れと緊張からか、9回裏は制球が甘くなり、そこを二松学舎大附が攻める。この回先頭の4番・関 遼輔、5番・浅野 雄志の連打に、7番・秋山の四球で満塁となる。ここで8番・鎌田が中前安打を放ち2人が生還し、1点差に迫り、なおも一死一、三塁のチャンスが続く。

 ここで成立学園は先発投手ながら、すぐに降板し、一塁手になっていた村田が、再度マウンドに上がる。遅い球を投げていた吉田と違い、村田は球威のあるストレートで二松学舎大附の9番・成澤 悠太に対し、1球目はボールだったが、2球目以降は、どんどんストライクを決めてくる。「もう1球ボールが来れば、スクイズを考えていました」と言う二松学舎大附の市原監督に、スクイズをさせる隙を与えない。結局成澤は三振。二松学舎大附はいよいと追い込まれる。

 ここで二松学舎大附は左打者の柴田怜英を代打に送る。市原監督も出場の機会を考えていたが、左腕の吉田のうちは出せなかった。投手が右腕の村田に代わったことで、柴田が打席に立つ。打席に立つ柴田は、「緊張もありましたが、絶対打ってやるという、気持ちの高まりの方が強かったです」と語る。成立学園の村田はストレートで押してくる。しかし高めに入った5球目を叩くと、打球は右中間の柵越えとなる代打サヨナラ逆転3ラン本塁打になり、二松学舎大附は劇的な勝利を飾った。

 「芯で捉えましたが、高く上がったので、捕られたかと思いました。公式戦で初めてのホームランです」と語る殊勲の柴田は、少し涙ぐんでいた。「勝てたことは大きいです」と、市原監督は語る。これで二松学舎大附は勢いに乗ることができるか。

 一方、二松学舎大附を土俵際まで追い込んだ成立学園の戦いは見応えがあったが、最後は二松学舎大附の底力に屈した。

(記事=大島 裕史)