2020年10月18日 立川市立川公園野球場

共栄学園vs専修大附

2020年秋の大会 東京都大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

延長タイブレークを制した共栄学園。二番手・東野 雄志が3安打無失点の好リリーフ!



勝利を呼び込む好リリーフをみせた共栄学園二番手・東野 雄志

 18日、市営立川球場で行われた秋季東京都高校野球大会の1回戦、共栄学園専修大附との試合は、共栄学園が7対5で延長タイブレークを制し初戦突破を決めた。

 先制したのは共栄学園。2回表、二死二塁の場面で8番・遠藤 陽人が左前適時打を放ち1対0とした。その後は両チーム点を奪い合う。専修大附はこの試合から打順を2番から1番に昇格された工藤 一翔が、5回に公式戦初本塁打となる右越2ラン、7回には左越適時三塁打を放ち5対5の同点とし、終盤戦へと進む。

 そして9回の両チームの攻防を終え、5対5のまま延長戦へ。12回を終えても決着がつかず、大会規定により無死一、二塁から始まるタイブレークに突入した。

 13回表、共栄学園は9番・島谷 拓美が送りバントを決め、一死二、三塁としたところで途中出場の中島 優希(1年)が初球を振り抜き中前適時打で2人が生還。その裏を無失点で抑え、2時間59分の死闘を制した。

 6回一死からマウンドに登った共栄学園の二番手・東野 雄志は、キレのある直球と縦に割れるカーブを武器に7回2/3を投げ114球、被安打3、失点0に抑え、勝利を呼び込むロングリリーフを成功させた。

 一次予選の初戦、多摩大聖ヶ丘戦では3本の適時打を放っている東野。この試合はベンチスタートも、先発の遠藤 陽人が6回一死で四球を与えた場面から登板し、最初の打者を2球で併殺打に仕留め、この快投をスタートさせた。

 この投球には共栄学園の原田健輔監督も「まさか東野にこんな力があるとは思わなかった」と舌を巻いた。

 8回裏の守備から出場し決勝打を放った中島は「監督やコーチから思い切っていけと言われたので初球からいけました。気持ちよかったです」とコメント。

 本大会初戦から激戦となったが、原田監督は「練習試合、一次予選から苦しい展開で勝ってきたので」と持ち前の粘り強さを発揮。次戦は創価と対戦するが、「力のあるチームだと思うのでこの試合のような展開に持ち込んでいけたらと思います。あとは楽しんでやってほしいです」と意気込みを語った。

(記事=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
創価vs共栄学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
創価7回コールドで2回戦突破!エース・杉江敏希が7回無失点の好投! 【ニュース - 高校野球関連】
昨秋8強の共栄学園が延長タイブレークを制す!途中出場の中島 優希が決勝打! 【ニュース - 高校野球関連】
共栄学園vs都立目黒【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
共栄学園vs多摩大聖ヶ丘【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
共栄学園vs岩倉【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
第1029回 東東京で台頭した新勢力・共栄学園。「終盤の強さ」を携えて夏は大物食い目指す【野球部訪問】
岩倉vs専修大附【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第4回 1つの『転』機となった2019年東京都の高校野球 今年を表す漢字は『転』しかない!【東京の高校野球】
第966回 【秋季東京都大会一次予選展望】日大豊山と東海大高輪台が初戦で激突!第21ブロックAは激戦区に【大会展望・総括コラム】
第935回 【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
共栄学園 【高校別データ】
専修大附 【高校別データ】
2020年度秋季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る