早稲田実業が流れをつかみ東東京のタレントチーム・修徳に7回コールド勝ち



スライダーを拾う清宮福太郎(早稲田実業)

 清宮 福太郎擁する早稲田実業と投打にタレントがそろう修徳との一戦。

 有観客試合ということで、ネット裏スタンドはほぼ満員。その名にふさわしい試合となった。

 早稲田実業の先発・田和 廉。この夏から台頭した本格派右腕だ。右スリークォーターから常時135キロ~140キロの直球は威力があり、この時期にしてはなかなか。ただ高めに浮くボールもあり、好調時と比較すると、ストレートのコマンド力はそれほど良くなった。ただ田和はその日の速球、変化球の状態によって何を軸にするのかを決められる投手。

 この日はスライダーだった。120キロ中盤の曲がりが大きいスライダーと120キロ後半のカットボールが低めに決まる。1回表、先頭打者の佐藤 大空に左前安打を打たれ、二死一、三塁のピンチを迎えたが、後続打者を抑えて、ピンチを切り抜け勢いに乗る。

 一方、修徳の先発は最速143キロ右腕の床枝 魁斗。田和と違い、がっしり体型の本格派右腕で投手としてのスケールの大きさは今年の東京でもトップクラス。常時133キロ~138キロの直球、うち1球は142キロを計測。

 馬力そのものは田和より上であり、たまに130キロを超えることもなる、常時120キロ後半のカットボール、120キロ中盤のスライダーの切れは高校生としてはなかなか。まだバリエーションは単調なところがあり、力で押し込んで打たせて取ることができる。修徳でこれほどスケールのある投手は久々ではないか。