「最弱」の檄に燃える選手たち。明大中野八王子が5回コールドで京華下し都大会へ



先発の黒島拓実(明大中野八王子)

 明大中野八王子高校グラウンドで行われた秋季東京都大会一次予選。
 明大中野八王子京華の代表決定戦は、思わぬ形で明大中野八王子のワンサイドゲームとなった。

 1回裏、明大中野八王子はヒットや四球などから無死満塁のチャンスを作ると、押し出し四球で先制点を挙げる。この後も2つの押し出し四球やエラー、さらには8番・菅原瑞紀にもタイムリーヒットが生まれ、初回だけで一挙8得点。
 2回にも2本のタイムリーなどで4得点を奪い、早くも一方的な展開となった。

 投げては先発のエース左腕・黒島 拓実が2イニングを無安打4奪三振と完璧な投球を見せて、その後も羽田康太郎、井上仁と二人の投手で繋ぐ。
 試合は最終的に14対0の5回コールドと、大勝で明大中野八王子が都大会本戦への出場を決めた。

 一見、盤石の戦いにも見えるが、椙原貴文監督は全く満足はしていない。
 この新チームについては「最弱のチーム」と断言し、エースの黒島をはじめ、活躍を見せた選手にも「最低限で止まっている」と言葉は厳しい。

 都大会に向けて聞かれると「修正しながら良いところと悪いところを精査して、悪いところを潰していきたい」と話し、残りの期間でできる限りチーム力を高めていくことを語った。

 また主将の三部 大智も危機感を強める。
 選手たちは、椙原監督が口にする「最弱のチーム」の言葉を重く受け止めており、この逆境をはね返したいと決意を語る。

 「日頃から強豪校との練習を想定して練習しています。最弱でも出来ることがあると思うので、本戦では強豪が相手でも力を出していきたいと思います」

 一方、敗れた京華
 先発の岡田浩輔が上手く流れを作れなかったこともあるが、飯塚監督は「力負けです」とチーム全体での実力差を口にした。
 また岡田も普段はチームの中で最も安定感のある投手であり、公式戦の難しさも痛感した。

 「相手には素晴らしい投手もいて、力負けです。守備でもミスが出ているので、ここから何とか形にしていきたいと思います」

 だが明大中野八王子という実力派チームと対戦したことで、良い経験になったことには違いない。
 この経験を春以降に活かすことが出来るか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。