2020年09月21日 岩倉高校西東京運動場

日大豊山vs都立翔陽

2020年秋の大会 東京都大会 一次予選 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

背番号10の左腕・玉井が好投!日大豊山がコールドで3年ぶりに都大会進出



好投見せた玉井皓一朗(日大豊山)

 岩倉高校西東京運動場で行われた秋季東京都大会一次予選。
 日大豊山都立翔陽の代表決定戦は、序盤から日大豊山打線が着実に得点を重ねて6回コールドで都大会本戦への出場を決めた。

 新チームの日大豊山を牽引するのは、背番号10の左腕・玉井 皓一朗だ。
 江戸川区の軟式野球チーム・雷サンダースの出身で、183センチ・85キロと屈強な体格かボールを投げ込む玉井。夏のマウンドも経験しており、ストレートの威力、そして右打者の膝元に食い込むスライダーが絶品の左腕だ。

 4回に1点は失ったが、投球内容自体は悪くない。
 福島直也監督も「夏のレベルになると、ストレートだけで押せるようなピッチャーではありません。変化球を投げていくことをこの夏覚えて、色んな失敗を経てちゃんと活かしていると思います」と話すなど、一定の評価を与える。

 また打線も活発であった。
 初回に相手のミスなども絡んで2点を先制すると、3回には一死三塁から4番・飯島渉太のレフトへの犠牲フライで追加点。
 4回にも相手のパスボールで1点を追加すると、5回には4本のタイムリーヒットなどで一挙6得点を挙げる猛攻を見せた。



得点を挙げて盛り上がる都立翔陽ベンチ

 10対1と大きくリード奪った日大豊山は、6回に一死満塁から6番・和田 颯生が押し出し四球を選んでこれでコールドが成立。
 11対1の6回コールドで都立翔陽を下して、都大会本戦への出場を決めた。

 実は日大豊山が都大会に出場するのは、2018年春以来で、予選を勝ち抜いての進出は2017年の秋以来となる。
 福島監督は「まずは開催していただけることに感謝です。夏に経験を積んだ2年生もいるので、夏ベスト8という3年生が残してくれたものを発揮できればと思います」と都大会に向けて意気込みを語った。

 一方、敗れた都立翔陽
 この春に都立三鷹中等教育から赴任した丸山監督のもと、短い時間の中でチーム作りを進めてきたという。

 「夏もほとんど練習ができず、夏休みに入ってやっと目指すチームの方向や目標などがミーティングなどで確認できました。
 この試合でも、まずは強豪校を相手に自分たちの『出来ること』と『出来ないこと』をはっきりさせることが出来る試合にしようと話していました」

 結果だけを見れば悔しい試合のようにも見えるが、松山監督にとっては色んなチャレンジができた試合でもあった。
 「力のある選手はいる」と丸山監督が話すように、春に都大会進出を狙える個の力はあるように感じる。ここからの成長に期待だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大三が”日大対決”を制し4強入り!好左腕・宇山翼が9回5安打2失点、10奪三振の好投【秋季東京都大会】 【ニュース - 高校野球関連】
ベスト4をかけた準々決勝、日大三vs日大豊山は日大三が4点リード!【秋季東京都大会】 【ニュース - 高校野球関連】
日大三vs日大豊山【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大豊山vs創価【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
明大中野八王子vs日大豊山【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大豊山vs都立江戸川【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
帝京vs日大豊山【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第966回 【秋季東京都大会一次予選展望】日大豊山と東海大高輪台が初戦で激突!第21ブロックAは激戦区に【大会展望・総括コラム】
第948回 【東東京大会総括】役者の揃っていた関東一が3年ぶりの甲子園へ!都立校や好投手の出現も際立った【大会展望・総括コラム】
第2回 第96回選手権東東京大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
都立翔陽 【高校別データ】
日大豊山 【高校別データ】
2020年度秋季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る