バッテリー中心にチーム力の高い都立小山台。7回コールドで代表決定戦へ



中心選手である4番・捕手の森村輝(都立小山台)

 「先発の小暮はもう少ししっかり抑えてくれると思っていましたが、調子が悪かったのか、相手打線が良かったのか。もう少し抑えることができる投手です」

 八王子高校上柚木グラウンドで行われた秋季東京都大会一次予選1回戦では、都立小山台早稲田が対戦。
 試合は投打で都立小山台が力を発揮する展開であったが、それでも福嶋正信監督はエースの小暮瞬哉の投球には不満げな様子であった。

 夏の東東京大会でも好投を見せていた小暮。右のサイドハンドから切れのある直球を投げ込み、変化球で打ち取る投球も直球勝負できる好投手だ。
ランナーこそ許すが、序盤から危なげない投球を見せて淡々と試合を進めていく。ヒットでランナーを許した点には、福嶋監督は更なる成長を促したが、現時点では都内でも屈指の好投手の部類に入るだろう。

 普段よりもヒットを多く打たれた点について小暮は、「先を見据えて、力を抑えてペース配分を考えながら投げました。それで少し球威が落ちたのだと思います」と冷静に自己分析。
 今後の投球にも注目だ。