2020年09月12日 佼成学園グラウンド

都立拝島vs都立戸山

2020年秋の大会 東京都大会 一次予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ケガから復帰したエース・宮川匠の初完投で都立拝島が接戦を制する!



都立拝島・宮川匠

 12日から開幕した秋季東京都大会の1次予選。初日からあいにくの雨でいくつかの会場は中止となったが、お昼から佼成学園グラウンド予定させていた都立拝島都立戸山は何とか開催された。

 初回、先攻の都立拝島は4番・小野太己のヒットなどで一死満塁としたところから、5番・清水海のライトへの犠牲フライで先制のホームを踏む。

 4番・小野は守備ではキャッチャーを務め、攻守の要という存在だが、バッティングから見ていくと、フォーム全体的に目立った癖はない基本に忠実な構えをしている。オープンスタンスから小さく足を上げてタイミングを測り下半身から動き出すが、スイングに入る際に少しバットが遅れて出てくるため、なかなか速球を引っ張り切れないところは修正していくところだろう。

 そして守備ではセカンド送球2.1秒前後を記録しており、捕ってからが速い。肩を強くしていければ2秒を切ることは可能なはず。何より低めの変化球をきっちりと止められており、投手も安心して投げられる。

 先制点に繋がる犠牲フライを放った5番・清水はあまり大きく右足を踏み込まずに上体は高いが、突っ込むことなく軸で鋭く回転することができている。上半身から始動する上半身主導ではあるが、顔をしっかりと残しているため変化球もしっかりと見極め出ている。

 2回にも1点を加えて2対0とした都立拝島の先発はエース・宮川匠。ノーワインドアップからゆっくりと捻りながら左足を上げて始動し、ショート方向に蹴りだして左半身で壁を作りながら重心移動。右腕のテイクバックは回しながらトップまで持っていく。

 スリークォーター気味の高さから脱力した状態で見られた右腕からはキレのあるストレートに緩急を利かせた大きく曲がるカーブ。さらに鋭く沈むスライダーと、秋の段階では完成度の高い投手。手足も長く投手らしい体格だがまだ線が細く、ピッチングでもインコースがまだ使えないなど改善できるところはまだたくさんある。そうした点を踏まえると今後の成長を期待してしまう右腕だ。

 その宮川は3回にエラーで2点を失うと、4回にはバッテリーエラーで失点を重ねて4対3。さらに5回には一死から都立戸山の3番・正村悠一郎への四球からピンチを招くと、5番・大倉颯太のタイムリーで4対4の同点で試合を折り返した。

【次のページ】 都立拝島vs都立戸山(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
佼成学園vs都立拝島【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立武蔵丘vs都立戸山【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
都立日野vs都立戸山【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
城北が終盤の集中打で会心の逆転勝ち!都立戸山は粘り切れず2回戦敗退 【ニュース - 高校野球関連】
城北vs都立戸山【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
都立府中工vs都立拝島【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
豊南が立正大立正に勝利! 西東京は9試合がコールドゲーム【選手権東西東京大会・11日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第26回 都立戸山高等学校(東京)【冬が僕らを強くする2017】
都立戸山 【高校別データ】
都立拝島 【高校別データ】
2020年度秋季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

都立拝島目指せベスト8あ 2020.09.12
エース宮川にかかってる!
経験を積んで芯を太くして
夏は目指せベスト8!

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る