帝京9年ぶりの夏制覇!激戦に終止符を打つ新垣のサヨナラ二塁打



勝った瞬間ベンチを飛び出した帝京ナイン

 たとえ甲子園がかかっていなくても、この両校の対戦が、平凡な試合になるわけがない。長年のライバルである東東京の横綱対決は、レベルの高い、息詰まる熱戦になった。

 関東一は右腕の領家 佑馬帝京は左腕の田代 涼太が先発のマウンドに立った。両校とも継投を予定しており、先発投手がどこまで持ちこたえることができるかが、序盤の焦点になる。

 帝京の田代は1回、2回を三者凡退で抑える順調な立ち上がり。一方領家は、1回、2回と走者を出しながらも得点を許さなかったが、3回裏につかまる。

 この回あっさり二死になったものの、2番・尾瀬 雄大が四球で歩くと、3番・小松 涼馬が左前安打で続き、4番で主将の加田 拓哉がレフト線近くに飛ぶ二塁打で尾瀬が生還し、帝京が1点を先制する。

 しかし関東一は、すぐに追いつく。4回表二死から4番・町田雄大が内野安打で出塁すると、すかさず二盗。捕手からの走塁がそれ、町田は三塁に進む。続く出利葉翔の三ゴロで、帝京の三塁手・澤石 淳平の失策があり、1対1の同点になった。

 関東一は5回表には、左前安打の7番・岡澤 敦也が、1番・重政 拓夢の右中間を破る二塁打で還り、逆転した。田代は、6回途中で降板。2点を失ったものの、帝京の前田三夫監督は「まあまあ。頑張った」と語る。厳しい評価の多かった前田監督としては高評価で、試合を作ったのは間違いない。

 しかしながら、5回裏からマウンドに上がった関東一今村 拓哉が完璧な投球。しかも、内外野の動きが良く、とりわけ内野手の送球が正確なので、見ていて危なげがない。

 帝京の2番手の柳沼 勇輝も好投しており、中盤以降は息詰まる投手戦になり、2対1、関東一が1点をリードして、9回裏帝京の攻撃を迎える。