代打の代打・菊地が初球スクイズ!前田監督の勝負手が当たり帝京決勝進出



雄たけびをあげる武者倫太郎

 帝京東亜学園という、強豪校同士の準決勝は、序盤から1点を争う緊迫の展開となったが、その攻防は、8回裏に迎えるクライマックスに向けた、序章に過ぎなかった。

 東亜学園の先発は、今大会好投を続けている左腕の鈴木隆之介。鈴木隆は、1回、2回と走者を出しながら得点は許さなかったが、3回裏、二死満塁から6番・武藤 闘夢に右前安打を打たれ、2点を献上した。

 帝京先発の左腕・田代 涼太は、序盤は快調な立ち上がり。しかし4回表、2人続けて四球で歩かせ、4番・鈴木 浩太朗の犠打で一死二、三塁と東亜学園がチャンスを広げると、田代はまだ1安打も打たれていなかったが、柳沼 勇輝に、すっぱと交代した。このあたりにも、勝負に対するベテラン・前田三夫監督の執念が感じられた。

 しかしこの回、東亜学園は帝京のバッテリーエラーで1点を入れる。さらに5回表には、7番・竹松京飛、8番・早川直道の連打に、9番・鈴木隆の犠打、1番・阿部敬太の右前安打で東亜学園は2点を追加して、逆転する。

 試合は東亜学園が3-2と1点をリードして、8回裏、帝京の攻撃を迎える。前田監督は、回が始まる前に、「ここだぞ」と強調した。9回になると、追い詰められて、焦りが出る恐れがあるからだ。

 一方、3回に失点して以降は好投を続けていた東亜学園の鈴木隆は、投球数が100を超え、次第に疲れだしていた。一死後帝京は6番・武藤が中前安打で出塁する。続く7番・澤石淳平の投手を強襲する痛烈な当たりが、内野安打となる。打球は鈴木隆の左足に当たり、治療のため、試合は3分間中断したが、鈴木隆は元気な姿でマウンドに戻る。そして8番・高橋大陸の右前安打で一死満塁となる。投手の柳沼に打順が回ってきたので、柳沼に代えて、代打・小山勝己を送る。2ボールの後の3球目をファウルにすると、前田監督は、ここで何と、代打の小山に代えて、さらに代打の菊池祐汰を送る。ここでやることは決まっている。ベンチを見渡して、バントのできる選手として送り出したのが、菊池だった。

 そして2ボール1ストライクから菊池が打席に入った代わりばなの初球、いきなりスクイズを仕掛け成功。また捕手の一塁への送球が悪送球となってさらに1点。帝京が一気に逆転した。さらに1番・杉本直将毅の右前安打、3番。小松涼馬の右犠飛で、この回帝京は、一気に4点を入れた。

 改めて、一死満塁で代打の代打に菊池が登場した場面に話を戻す。東亜学園の武田朝彦監督は、スクイズで来ることは、「分かっていました」と言う。しかし、外して3ボールにすると、押し出しのリスクがある。もちろん、満塁でスクイズをすることにもリスクはある。結局、果敢にリスクを選択できた前田監督に軍配が上がったことになる。

 投手に代打を送ったことで、帝京は9回の守りに武者倫太郎を投入。武者は140キロを超える速球で9回表東亜学園の攻撃を無失点に抑え、3-6で帝京が東亜学園を破り決勝進出を決めた。

 敗れた東亜学園は、7月31日から期末テストが始まり、野球の試合と学校での試験と、同時進行の日々だったという。猛暑の中のハードスケジュールの中でも、東亜学園の選手たちは2020年夏の東京の高校野球に、確かな足跡を残した。

 一方勝った帝京は、ベテラン・前田監督が、勝負師としての本領を発揮した。コロナ禍による自粛の中、甲子園大会の中止が決まった。前田監督は選手1人1人に電話をかけた。もちろん、落ち込み、声を詰まらせる部員もいた。それでも前田監督は、「最後まで頑張ろう。残りの高校野球をきちっと締めよう」と語りかけた。甲子園にはつながらない。それでも、緊張感のある真剣勝負の中から、貴重な思い出が得られるはずだ。いよいよ決勝戦。帝京魂のプライドをかけた戦いを注目したい。

(記事=大島 裕史)