大森学園、粘りの野球で優勝候補の二松学舎大附を破る



先発・工藤翔午(大森学園)

 シード校の錦城学園を破るなど、今大会旋風を起こしている大森学園。その力が本物であることを証明した一戦になった。

 二松学舎大附の先発は、身長が2メートルの長身で、プロ注目の秋広 優人。秋広は1回、2回を無失点で切り抜けたが、3回表につかまる。一死後、9番・青柳大海が粘って四球で出塁すると、大森学園の猛攻が始まる。1番・豊田征也が左中間を破る二塁打を放ち、青柳が生還した。さらに2番・松本哲郎、3番・植田斗馬、4番・上野晟士朗と安打が続き、この回2点を入れる。先制の二塁打を打った豊田は秋広を見て、「改めて大きいと思いました」と感じ、顔を上げず、あごを引くことを徹底した。

 一方秋広はこの回、「キレがなく、粘られて、粘り負けしました」と語る。実際秋広の3回表の投球数が41であった。ボールをしっかり見て粘り強く攻撃し、鋭く振り抜く大森学園打線に秋広は集中打を浴びた。

 対する大森学園の先発・工藤翔午は、内角を思い切りよく突く投球で、二松学舎大附打線を苦しめる。

 4回表、大森学園の7番・鈴木敦樹に内野安打を打たれたところで二松学舎大附は、秋広を一塁手にし、マウンドに内井宇竜が上がる。内井は二死にはしたものの、1番・豊田、2番・松本に連打を浴び、1点を失った。

 それでも二松学舎大附は後半追い上げを始める。6回裏は、3番・小林拓斗の左前安打で1点を返す。小林は送球間に二塁に進み、二死二塁となったところで、4番・秋広には申告敬遠。続く5番・山田将義は中飛に倒れ1点止まり。7回表大森学園は、7番・森瑞貴のライトオーバーの三塁打などで3点を挙げて突き放す。

 追撃をしたい二松学舎大附は、疲れがみえ始めた大森学園の工藤から、7回裏に4番・秋広の中前適時打など、安打5本で4点を挙げ、1点差に迫る。

 なおも二死一、二塁と言う場面で、大森学園は2年生捕手の松本をマウンドに上げる。松本は5番・山田を中飛に仕留め、大森学園のリードは続く。

 9回裏二松学舎大附はこの回先頭の1番・浅野雄志が執念の内野安打で出塁し、4番の秋広の前に、二死二塁のチャンスを作る。松本は秋広を敬遠し、前の2打席チャンスで打てなかった5番の山田を迎える。しかし山田は力んだのか、捕飛に終わり万事休す。6-5の大接戦の末、大森学園が優勝候補の二松学舎大附を破る大金星を挙げた。

 この1年二松学舎大附は、昨夏は初戦敗退。秋季都大会も1回戦で敗退と、勝ち続けることができなかった。「(市原)監督にたくさん迷惑をかけてきた」と試合後秋広は語る。どこかに焦りがあったのか。チャンスで打てなかった山田も、責任を感じているだろう。そうしたつらい経験も、次のステップで役立ててほしい。

 勝った大森学園は、和泉隆監督がこの夏限りで監督から退くという。「監督を東京一の監督にしたいです」と、エースの工藤は言う。そのための戦いは、まだまだ続く。準決勝の対戦相手は関東一だ。

(記事=大島 裕史)