戦力充実の帝京 日大豊山に“倍返し”の圧勝で準決勝進出



先発・田代涼太(帝京)

 帝京日大豊山は昨夏も準々決勝で対戦。この試合では帝京の2年生投手であった田代 涼太が好投しながらも、自らのミス絡みで敗れている。最上級生となった田代は、「悔しさを忘れてはいけないと、思っていましたし、悔しさがあるからこそ、何が何でも勝ちたい、と思いました」と語る。

 リベンジの舞台となったこの試合でも、田代は先発のマウンドに立った。1回表は安打1本こそ打たれたものの、無失点。2回表は先頭打者を四球で歩かせたものの後続は断つ、無難な立ち上がり。

 「あくまでも挑戦者です」と福島直也監督が語る日大豊山は、エースの小槻悠奈が先発。初回は三者凡退に抑えたものの、2回裏につかまる。

 この回先頭の4番の加田 拓哉が四球で出塁すると、続く新垣照博が中前安打でチャンスを広げ、7番の澤石 淳平が三塁線を破る二塁打で帝京が1点を先制。続く8番・高橋大陸の内野ゴロの間に新垣も生還した。

 帝京は、3回裏は敵失で出た走者をきっちり送り、3番・小松 涼馬の中前安打で還し、小松も5番・新垣の冷め安打で生還して、試合の主導権を握った。

 こうなると、田代の投球も勢いを増す。ツーシームやスライダーが効果的に決まり、日大豊山打線を寄せ付けない。

 5回裏には、6番・武藤 闘夢や7番・澤石の二塁打で2点を追加する。澤石は、1年の夏に正選手になっているが、相次ぐ負傷で、公式戦に出ていなかった。昨秋は下位打線がやや弱かった帝京は、澤石の復活、2番に入っている尾瀬 雄大の成長などで打線に厚みが出てきた。

 帝京は、6回裏は3番・小松のスクイズや6番・武藤の2打席連続となる二塁打で3点を入れ、試合を決めた。6点のリードをしていてもなおスクイズで点を取るとことについて帝京の前田三夫監督は、「1点の重みを分かってもらいたい」と語った。

 帝京は6回表からは、柳沼 勇輝が登板。6回表は一死満塁の走者を背負ったものの、4番・小野澤慶一、5番・竹田流星を続けて三振に仕留め、7回表も三者凡退に抑えて9対0。7回コールドが成立した。

 昨年帝京に勝っている日大豊山としては、「倍返し」を受けたような大敗であったが、昨年秋の1次予選の初戦敗退からチームを立て直し、この大会を盛り上げた。

 勝った帝京は、次第に勢いを増してきた。先発の田代について前田監督は、「よく投げたと思います。いいボールが来ていました」とほめた。田代が成長し、打線も切れ目がなくなってきた。秋よりも一段階強くなった帝京は、優勝争いの中心にいることは間違いない。準決勝は東亜学園と対戦する。

(記事=大島 裕史)