投打ががっちり噛み合った東亜学園。実践学園を下して帝京の待つ準決勝へ!



東亜学園先発・鈴木隆之介

 秋は都大会2回戦で姿を消した東亜学園。一方、秋のブロック予選決勝戦でサヨナラ負けを都立武蔵村山に喫した実践学園。悔しい想いをした両チームが準々決勝で相まみえた。

 東亜学園の先発は背番号14を付けた鈴木隆之介。前回の都立小岩戦で参考記録ながらノーヒットノーランを達成した勢いに乗るサウスポー。その鈴木は初回の実践学園の攻撃を三者凡退に仕留めて攻撃陣に流れを持ってきた。

 すると二死から3番・尾関翔来が四球を選んでチャンスを作ると、4番・鈴木 浩太朗がライトへのタイムリー。さらに5番・根津悠馬にもタイムリーが飛び出し、2点を先取することに成功した。

 リードをもらった東亜学園先発・鈴木隆は右足を上げてから股関節をしっかりと引き込んで重心移動をして、深く沈みこむ下半身を使った投球フォームが特徴的。これは鈴木隆自身が肩や肘が怪我しやすかったため、それを防ぐべく下半身を使ったフォーム習得。そのために足だけを使ったシャドーなど徹底して下半身の使い方を東亜学園入学時から徹底してきた。

 また1学年先輩である細野 晴希の存在も鈴木隆にとっては大きかった。
 「細野さんからは『ボールのスピードではなく、キレとか回転数のボールの質で勝負をしないといけない』と言われてきたことが心に残っています」

 今は最速134キロのストレートやカーブ、スライダー。さらにはカットボールにチェンジアップなどを操るが、1つ1つの質を高めたことが鈴木隆の躍進に繋がったのだ。

 その鈴木隆が2回に実践学園4番・久保謙一朗にヒットを許すもホームは踏ませない安定した投球。その後も実践学園をきっちり抑えると、打線は2回に1番・阿部 敬太のタイムリー。3回には5番・根津に一発が飛び出すなど4回まで毎回得点で実践学園を突き放して5回終わって7対0とした。