好投手・林平太郎を打ち崩した関東一。林攻略のために徹底した攻め方



ホームランを放った重政拓夢

 昨夏の東東京を制した関東一。そして秋は都大会ベスト4に進出した都立城東。今年の東東京を牽引しているチーム同士の熱戦がダイワハウススタジアム八王子で実現。試合は関東一が初回から猛攻で主導権を握ったが、その前に互いの作戦を見ていきたい。

 「この1年間は彼で戦ってきましたので」という内田稔監督の想いで2年生エース・林 平太郎をこの試合でもマウンドへ送る。林本人は疲れがないと感じていたが、「疲れはなくはないと思いました」と内田監督は少し不安に感じながらベンチから見守った。そして先発の林は「打たれることはわかっていたので我慢強く投げていく」ことを心がけた。

 一方、関東一は林攻略の術を米澤貴光監督は都立城東の林について「コースにしっかりと投げてくる投手なので、引っ掛けた打球を打たずにいこう」と試合前は対策を講じていた。しかしいざ対戦すると、ボールが来ていないことを感じ、選手には「左打者はセンターから逆方向。変化球はよけないように。そして右打者は引っ掛けた打球は打たないように」と指示を出す。

 その指示を聞いたうえで1番に座った重政 拓夢は「外ギリギリを投げてくるので、打席もギリギリまで踏み込んでいきました」と語る。また武器であるスライダーが抜け気味だと察知してベンチへ共有。その上でストレートを狙う方向へ絞った。

 さらに3安打の出利葉翔は「左打者は引っ掛けた打球が多かったので、逆方向に打てるように練習をしたきた」と準備をしてきた。

 こうして互いが作戦を持った中で初回、関東一は5番・岡澤 敦也や6番・出利葉のタイムリーなどで4点を先取。得意の速攻で関東一がペースを握る。この段階で林は「今までであれば振ってもらえた厳しいコースにボールを投げても見逃されてしまい、ボール先行になってしまった」と関東一の徹底した見極めに苦しんだ。