初回の一撃で流れを手繰り寄せた二松学舎大附。打撃集中の秋広が3安打1ホーマーの活躍



4番・秋広優人(二松学舎大附)

 3日、明治神宮球場で行われた二松学舎大附上野学園の4回戦は、二松学舎大附打線が序盤が猛威を奮い、14対0で勝利して準々決勝進出を決めた。

 流れを一気に引き寄せたのは主砲の一振りだった。
 1回表、先制点を挙げてなおもランナーを一人置いた場面で、打席には4番の秋広 優人が入る。外寄りの高めの真っ直ぐを振り抜くと、打球はライトスタンドへ一直線。強烈な一発で、二松学舎大附が試合の主導権を握った。

 続く2回裏、一死二、三塁から3番・小林拓斗の犠牲フライで1点を追加し、さらに二死二塁のチャンスを作ると、ここでも4番・秋広がタイムリーヒットを放って5点目。この回にさらに2点を挙げた二松学舎大附は、3回裏にも一気に7得点を挙げて、上野学園を圧倒する。

 投げては背番号1の香山 亮太が、重みを感じさせる直球を軸に上野学園打線を抑え込んでいき、隙を与えない。今大会では、主戦は背番号3の秋広が担ってきたが、安定感を面から見れば香山も秋広と遜色ない力量を持っている。

 香山は5回を無失点に抑え、試合は14対0の5回コールドで二松学舎大附が勝利した。

 試合後、二松学舎大附の市原勝人監督は、「最初の秋広のホームランで流れが変わりました。打つのが大好きな選手なので、打つ方に集中させて良かったです」と、主砲の一発に満足げな表情を浮かべた。

 一方、敗れた上野学園
 力負けの形になったが、それでも小川貴智監督は最後まで選手たちに「謙虚にプレーすること」を伝え続けたと明かした。

 「ここ3年間の中では一番力の無いチームでした。力で負けるのはしょうがないですが、まだ人としての弱さを感じることがありました。今回の大会での成長を活かして、これからの社会で力強く生きて欲しいと思います」

 勝った二松学舎大附は、準々決勝では大森学園と対戦する。大森学園も力を持ったチームだけに、どんな戦いを見せるのか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)