関東一、今村 奪三振11の完封!攻撃で光る小野寺の足



関東一・今村拓哉

 関東一の米澤貴光監督と立正大立正の内田和也監督はともに日大三の小倉全由監督の指導を受けており、昨夏の準々決勝に続く、小倉門下生対決となった。

 立正大立正の先発、横手投げの濱悠喜は、昨夏の関東一戦でも2番手として登板しており、この試合は、リベンジを期す一戦であった。しかしその希望を打ち砕いたのは、関東一の2番・小野寺 勇輝の足であった。1回表小野寺は四球で出塁すると、米澤監督が「チームで一番速い」という小野寺は、すかさず二盗に成功。3番・初谷 健心の二塁打で、あっさり1点を先制した。

 関東一の先発は左腕の今村 拓哉。スライダー、チェンジアップなど変化球のキレもよく、1回、2回、3回と三振を2個ずつ奪う快調な立ち上がり。

 一方立正大立正の濱は、2回、3回と三者凡退に抑えた。しかし4回表は、この回先頭の小野寺をまた四球で歩かせる。すると小野寺はまたも二盗に成功。3番・初谷、4番・岡澤 敦也の内野ゴロの間に生還した。

 さらに5回表は、7番・藤田七五斗の左前安打に、7番・東柊羽の犠打は敵失を誘い無死一、二塁とし、8番・渡邊貴斗の犠打に9番・今村の犠飛で1点を追加する。

 関東一の今村は6回裏に遊失と四球で無死一、二塁というピンチを招いたものの、後続の打者を、三振2を含めきっちり抑え、投球に危なげがない。

 対する立正大立正の濱も、関東一打線を5安打に抑える好投をみせたが、関東一は9回表も藤田の犠飛で1点を追加するなど、無駄のない攻撃で得点を重ねた。結局4対0で関東一の勝利。今村は被安打4、奪三振11で完封した。「ブルペンで投げていても、調子は良くありませんでした」と語る今村であるが、「強気のピッチングを心掛けました」と言うように、エースの貫録をみせた投球であった。

 昨夏の優勝の関東一。しっかりした負けないチームを作ってきた。

 一方立正大立正は、内田監督が「濱はよく投げました」と語るように、濱の好投が光った。「自分で感じ、自分で変化するをテーマにしてきました」と語る内田監督。昨年の秋に比べると、レベルは相当上がっている。コロナ禍で全体練習ができない中でも、しっかりとした成長を感じさせた夏の戦いであった。

(記事=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。