帝京が盤石の投手陣リレーで完封勝ち ベスト8一番乗り



3番手・田代涼太(帝京)

 東東京の優勝候補・帝京が盤石の強さを示した。

 まず1回裏、犠飛で1点を先制すると、3回裏には、無死一、二塁から2番が打ち上げた飛球がセンターの画面に当たり、二者生還。さらに3番小松 涼馬の犠飛で4対0と点差を広げる。

 8回裏には、柳沼 勇輝の適時打、9番沢石淳平の適時打で6対0と点差を広げたが、なかなか決めきれない打線が課題となった。

 投げては最速140キロを超える右腕の武者 倫太郎が自慢の速球と切れのあるスライダーを投げ分け、6回途中まで無失点の投球。武者は「まだばらつきがあってよくなかった」と振り返るがそれでも自粛期間中に、しっかりとトレーニングを行い、昨秋からも3キロもスピードアップ。力強い投球ができるようになった。

 6回途中から背番号1の柳沼 勇輝は久々の登板。切れのある速球と曲がりが鋭いスライダーを武器に9回二死まで無失点の好投を見せると、そして9回二死から大型左腕・田代 涼太が登板。自打球があった影響で、登板を控えていたが、あと1人というところで登板した田代は最後の打者を抑え完封勝利。田代も威力ある速球は魅力的で、3投手全員ともに昨秋よりも進化した姿を見せた。

 これから中1日での試合が続く、球数制限もあるだけに、複数投手を擁する帝京は大きな強みだろう。打線はまだ秋のような本塁打連発とはいかないが、走れる選手が多く、状況によっては果敢に盗塁を決めてチャンスを拡大する。派手な当たりはなくても着々と1点を積み重ねることができる。物足りなさを感じる攻撃ではあるが、投手力が高いチームにとってはいろいろな引き出しで点を取れるのは大きい。

 準々決勝以降は主力打者が奮起し、投打ともにかみあった野球を見せることを期待したい。

(記事=河嶋 宗一